【2019年】エーザイ株式会社ってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「エーザイ株式会社ってどんな会社?」

・神経/消化系薬剤に強み
・米バイオジェンと認知症薬協業
・米メルクと抗ガン薬協業

会社概要

設立年月日1941年12月6日
従業員数連結:10,683人 個別:3,140人
資本金44,986百万円

事業区分

エーザイは主に3つの事業に分かれています。

・医薬品事業
・その他事業

その他事業にはライセンス・医薬品原料・物流サービス・業務サービスなどがあります。

就活情報

平均年収:1099万(平均年齢:45.2歳)

初任給

【創薬研究職】【臨床開発職】
修士 月給298,000円(タイムマネジメント手当76,800円含む)
博士 月給329,600円(タイムマネジメント手当84,600円含む)
【データサイエンス職】【生産管理・技術職】【MR職/MSL職】【PV職/PMS職】【コーポレートスタッフ/グローバルスタッフ】
大卒 月給283,000円(タイムマネジメント手当73,000円含む)
修士 月給298,000円(タイムマネジメント手当76,800円含む)
博士 月給329,600円(タイムマネジメント手当84,600円含む)

選考

職種ごとに選考過程が異なるため詳しくは公式HPをご覧ください。

事業詳細

医薬品事業

【日本医薬品事業】

ニューロロジー領域では、ファイザー社と共同販促を展開している疼痛治療剤「リリカ」、不眠症治療剤「ルネスタ」、抗てんかん剤「フィコンパ」の販売が好調であった。しかし、アルツハイマー型認知症治療剤「アリセプト」の売り上げは思うように進まなかったようです。
オンコロジー領域では、抗がん剤「「レンビマ」の販売が大きく拡大したようです。また、抗がん剤「ハラヴェン」ヒト型抗ヒトTNFαモノクローナル抗体「ヒュミラ」の販売も好調なようです。本セグメントの売り上げは3010億、営業利益は1047億と前年度比で増収増益となったようです。

【アメリカス医薬品事業】

ニューロロジー領域では、抗てんかん剤「Fycompa」の売り上げが大きく拡大し、抗てんかん剤「Banzel」肥満症治療剤「Belviq」の販売も順調なようです。
オンコロジー領域では、抗がん剤「「レンビマ」の販売が大きく拡大し、抗がん剤「ハラヴェン」の売り上げも伸びたようです。しかし、制吐剤「Aloxi」の販売権返還により、本セグメントの売り上げは978億、営業利益は463億と前年度比で減収増益となったようです。

【中国医薬品事業】

末梢性神経障害治療剤「メチコバール」、肝臓疾患用剤・アレルギー用薬「強力ネオミノファーゲンシー/グリチロン錠」、「アリセプト」、抗がん剤「「レンビマ」の販売が順調に推移し、本セグメントの売り上げは662億、営業利益は244億と前年度比で増収増益となったようです。

【EMEA医薬品事業】

ニューロロジー領域では、抗てんかん剤「Fycompa」や、抗てんかん剤「Zebinix」の販売が拡大しました。しかし、抗てんかん剤「Zonegran」の売り上げは伸び悩んだようです。
オンコロジー領域では、抗がん剤「ハラヴェン」抗がん剤「レンビマ/Kisplyx」の販売が順調だったようです。本セグメントの売り上げは126億、営業利益は79億と前年度比で増収増益となったようです。

【アジア・ラテンアメリカ医薬品事業】

ヒト型抗ヒトTNFαモノクローナル抗体「ヒュミラ」、アルツハイマー型認知症治療剤「アリセプト」、抗がん剤「レンビマ」の売り上げが好調だったようです。本セグメントの売り上げは487億、営業利益は152億と前年度比で増収増益となったようです。

まとめ

1.神経/消化系薬剤に強み
2.米バイオジェンと認知症薬協業
3.米メルクと抗ガン薬協業

参照・引用

公式HP:https://www.eisai.co.jp/index.html

最新情報をチェックしよう!
>投資・就活の基本は「企業研究」

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG