【2020年】積水化学工業株式会社ってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「積水化学工業株式会社ってどんな会社?」

・高機能樹脂/住宅/ライフラインの3本柱
・5G関連拡大
・医療関連育成

会社概要

設立 昭和22年(1947年)3月3日
従業員数 単体2,666名 連結27,003名
資本金 100,002百万円

事業区分

積水化学工業株式会社は主に4つの事業から成り立っています。

・住宅事業
・環境/ライフライン事業
・高機能プラスチック事業
・メディカル事業

就活情報

平均年収:904万(平均年齢:40.3歳)

初任給

≪ビジネスキャリアコース≫
博士了/月給276,750円
修士了/月給242,000円
学士卒/月給225,500円

≪エキスパートコース≫
修士了/月給208,900円
学士・高専専攻科卒/月給198,300円
高専本科卒/月給188,900円

選考

エントリー → WEBテスト(SPI) → 面接3回

事業詳細

住宅事業

当事業部門においては、鉄骨系・木質系ユニット住宅の製造、施工、販売ならびに分譲用土地の販売、リフォーム、不動産、サービス付高齢者向け住宅、インテリア、エクステリアの販売、施工を行っています。

新築住宅

新商品「スマートパワーステーションアーバン」や「新・スマートパワーステーション」を中心にスマートハウスの拡販を図るとともに、体感型ショールームの全国展開を推進しています。また、販売用土地在庫の拡充により、分譲住宅を中心としたファーストバイヤー向け住宅の受注獲得に注力しています。

リフォーム

蓄電池を中心としたエネルギー自給自足の提案など戦略商材の拡販を図るとともに、ショールーム「ファミエスミュージアム」「ファミエスギャラリー」を展開した。また、電力“買売”サービス「スマートハイムでんき」事業を開始しています。

以上の結果より、売り上げは5129億円、営業利益は378億円で増収減益となっています。

環境/ライフライン事業

塩化ビニル管・継手、ポリエチレン管・継手、プラスチックバルブ、管きょ更生材料及び工法、強化プラスチック複合管、貯水槽、建材(雨とい、床材)、機能性畳、介護機器、浴室ユニット、加飾シート、合成木材(FFU)、熱可塑CFRP、防音制振材料、ブロー容器、農業・建設用資材等の製造、販売、施工を行っています。

配管/インフラ

汎用品に加えてIT投資減少の影響を受けプラント管材が苦戦したものの、非住宅施設や公共インフラ向けに、省人化、工期短縮に貢献する管材(ACドレン、エスロハイパー群)、下水道の更生工法(SPR工法)向け資材の販売が順調に拡大したことにより、売上は堅調に推移しています。

建築/住環境

集合住宅向け需要低迷の影響を受けたものの、集中豪雨対応の雨水高排水システムや、介護・自立支援設備(Wells)の拡販により、売上は例年並みとなっています。

機能材料

鉄道まくらぎ向け合成木材の海外での新規採用拡大が堅調に推移するとともに、成形用プラスチックシートにおいて、医療向けの用途拡大が着実に進展したものの、海外の航空機需要の急速な落ち込みの影響を受け、売上は低調に推移しています。

以上の結果より、売り上げは2373億円、営業利益は154億円で減収増益となっています。

高機能プラスチック事業

液晶用微粒子・感光性材料、半導体材料、光学フィルム、工業用テープ、UVシール剤、合わせガラス用中間膜、発泡ポリオレフィン、車輌用樹脂成型品、インフラ材料向け機能樹脂、耐火材料、不燃性ポリウレタン、接着剤、包装用テープ、プラスチックコンテナ、ポリビニルアルコール樹脂等の製造、販売を行っています。

エレクトロニクス

5G向けの放熱材料や接合部材などの非液晶分野向けの拡販については堅調に進捗したものの、スマートフォンやタブレットなどモバイル端末の市況悪化により売上は低調に推移しています。

車両/輸送

欧州の自動車市況の回復遅れ、中国市場の減速、米国市場における自動車販売の停滞などグローバルでの市況低迷の長期化の影響を受けています。また、第4四半期のCOVID-19の拡大に伴う顧客稼働率の大幅な低下により、売上は低調に推移しています。なお、モビリティ材料領域の業容拡大を図るべく、「AIM Aerospace グループ」の全株式取得に向けた株式譲渡契約を6月に締結し、第3四半期末より「Sekisui Aerospace Corporation」として連結対象としています。

住インフラ材

耐火材料、不燃材料の拡販が順調に進捗し、売上は堅調に推移しています。

産業

消費増税およびCOVID-19 の拡大に伴う需要の低下によりテープなど汎用品の販売が苦戦し、売上は低調に推移しています。

以上の結果より、売り上げは3224億円、営業利益は372億円で減収減益となっています。

メディカル事業

臨床検査薬、臨床検査機器、医薬品原薬・中間体等の製造・販売を行っています。

検査事業を中心に欧米や中国での販売が拡大し堅調に推移しています。しかしながら、事業基盤および開発体制強化のための成長投資が先行している中、COVID19の拡大による生活習慣関連病の外来検査減少の影響を受け営業利益は低調に推移しています。

以上の結果より、売り上げは726億円、営業利益は92億円で増収減益となっています。

(参照)2020年3月期有価証券報告書

まとめ

1.高機能樹脂/住宅/ライフラインの3本柱
2.5G関連拡大
3.医療関連育成

参照・引用

公式HP:https://www.sekisui.co.jp/index.html

【2021年化学企業就職偏差値】みんな知ってる?日本の優良化学メーカー【有価証券報告書まとめ】

最新情報をチェックしよう!
>投資・就活の基本は「企業研究」

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG