【2020年6月期第3四半期有価証券報告書】株価・業績から見るレーザーテック株式会社【投資/企業研究】

「株価・業績から見るレーザーテック株式会社」

・第1四半期は増収増益
・財務状況は良好
・株価は長期的に上昇トレンド

貸借対照表

前第3四半期連結累計期間当第3四半期連結累計期間
自己資本比率62.844.0
流動比率216.1156.1

自己資本比率は40%を超えており、良好です。流動比率も150%と良好と言えます。しかし、昨年に比べ、大幅に財務状況が悪化していることが気になります。次の決算報告はしっかりと確認する必要があります。

損益計算書

前第3四半期連結累計期間当第3四半期連結累計期間
売り上げ高21479402(百万円)25601319(百万円)
営業利益5740322(百万円)8864902(百万円)
四半期純利益4296228(百万円)6310102(百万円)

コロナウイルスの影響により、スマートフォンなどのコンシューマー製品の需要は減速しています。その一方で、リモートワークやeコマースは追い風となっており、関連各社の設備投資が拡大しています。その結果、売り上げ、営業利益ともに昨年比で増加しています。

キャッシュフロー計算書

前第3四半期連結累計期間当第3四半期連結累計期間
営業活動6841027(百万円)18355358(百万円)
投資活動△890049(百万円)△1894256(百万円)
財務活動△1714872(百万円)△2799401(百万円)

営業利益が増加したことに加え、その他もろもろの資産が多額の資産収入があったため、営業活動は昨年比で増加しています。ま

有形無形固定資産の取得により、投資活動は支出超過となっています。

主に配当金の支払いにより、財務活動は支出超過となっています。

1年間の株価チャート

 (引用)株式会社SBI証券

きれいな右肩上がりの上昇トレンドです。コロナウイルスの影響により、一度下落しましたが、需要増加の期待から大きく値上がりしています。直近では、利益確定の売りに加えて、アドバンテストが思ったよりも業績が伸びなかったことから、つられ安となって調整局面に入っています。

まとめ

1.第1四半期は前年同期比増収増益
2.財務状況は良好
3.株価は長期的に上昇トレンド

参照・引用

公式HP:https://www.lasertec.co.jp/

関連情報

【2020年】レーザーテック株式会社ってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

最新情報をチェックしよう!
>投資・就活の基本は「企業研究」

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG