【2020年第1四半期有価証券報告書】株価・業績から見る信越化学工業株式会社【投資/企業研究】

「株価・業績から見る信越化学工業株式会社」

・第1四半期は減収
・財務状況は優良
・株価は長期的に上昇トレンド

貸借対照表

前連結会計年度当第1四半期連結累計期間
自己資本比率82.183.6
流動比率482.9551.0

自己資本比率は80%を超えており、超優良です。また、流動比率も500%を超えており、かなり優良です。財務状況については、言うことなしですね。素晴らしいです。

損益計算書

前第1四半期連結累計期間当第1四半期連結累計期間
売り上げ高386211(百万円)359339(百万円)
営業利益107502(百万円)90937(百万円)
四半期純利益84949(百万円)69821(百万円)

売り上げ、営業利益ともに昨年比で減少しています。コロナの影響が原因のようですが、想像より大きく崩れたということはないように思います。

キャッシュフロー計算書

前第1四半期連結累計期間当第1四半期連結累計期間
営業活動801(百万円)599(百万円)
投資活動△1434(百万円)288(百万円)
財務活動△530(百万円)△462(百万円)

営業利益が減少したことに加え、法人税の支払いが増加したため、営業活動は昨年比で増加しています。

定期預金の引き出しにより、投資活動は支出超過となっています。

主に配当金の支払いにより、財務活動は支出超過となっています。

1年間の株価チャート

 (引用)株式会社SBI証券

コロナショックで大きく暴落しました。しかし、需要が期待されたため、コロナ前の水準まで戻しています。直近の決算の結果が減収減益だったため、大きく下落しました。財務状況はかなり優良ですので、落ちてきたところを拾っていく作戦もありかと思います。

まとめ

1.第1四半期は前年同期比減収減益
2.財務状況は優良
3.株価は長期的に上昇トレンド

参照・引用

公式HP:https://www.shinetsu.co.jp/jp/

関連情報

【2020年】信越化学工業株式会社ってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

 

最新情報をチェックしよう!
>投資・就活の基本は「企業研究」

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG