【2021年3月期第1四半期有価証券報告書】株価・業績から見るトヨタ自動車株式会社【投資/企業研究】

「株価・業績から見るトヨタ自動車株式会社」

・第1四半期は減収減益
・財務状況は一般的
・株価はレンジ相場

貸借対照表

前連結会計年度当第1四半期連結累計期間
自己資本比率38.237.0
流動比率104.5108.1

自己資本比率は30%台と可もなく不可もなくといった感じですね。また、流動比率は100%と一般的ですね。財務状況については、まあ問題なしといったところですね。

損益計算書

前第1四半期連結累計期間当第1四半期連結累計期間
売り上げ高7721273(百万円)4600796(百万円)
営業利益740611(百万円)13920(百万円)
四半期純利益631382(百万円)149448(百万円)

コロナウイルスの影響を大きく受け、売り上げ、営業利益共に昨年比で大幅に悪化しています。しかし、営業利益が黒字着地したところは、他の自動車会社と違いプラスですね。

キャッシュフロー計算書

前第1四半期連結累計期間当第1四半期連結累計期間
営業活動650897(百万円)673252(百万円)
投資活動△410820(百万円)△337617(百万円)
財務活動57463(百万円)2335157(百万円)

営業利益は減少しましたが、法人税が減少したことに加え、投資で利益を得たことなどにより、営業活動は昨年比で増加しています。

昨年に比べ投資額は減少しましたが、投資活動は支出超過となっています。

長期有利子負債を借り入れたことにより、財務活動は大きく収入が増加しています。

1年間の株価チャート

 (引用)株式会社SBI証券

コロナショックで大きく暴落しました。半値程度戻した後、レンジ相場となっています。直近では、大半の自動車会社が赤字となっている中、黒字で着地できたことが評価され、株価は上昇しています。

まとめ

1.第1四半期は前年同期比減収減益
2.財務状況は優良
3.株価はレンジ相場

参照・引用

公式HP:https://global.toyota/jp/

関連情報

【2020年】トヨタ自動車株式会社ってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

 

最新情報をチェックしよう!
>投資・就活の基本は「企業研究」

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG