【2021年】住友大阪セメント株式会社ってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「住友大阪セメント株式会社ってどんな会社?」

・国内シェア3位
・住友系企業
・廃棄物再資源化に注力

会社概要

設立 1907年(明治40年)11月29日
従業員数 単体1,196名 連結3,005名
資本金 416億円

事業区分

住友大阪セメント株式会社は主に6つの事業から成り立っています。

・セメント事業
・鉱山品事業
・建材事業
・光電子事業
・新材料事業
・電池材料事業

就活情報

平均年収:696万(平均年齢:41.5歳)

初任給

修士卒/234,630円
学部卒/213,600円
高専卒/193,600円

選考

エントリー → マークシート(オリジナル) → 面接3回

事業詳細

セメント事業

各種セメント、固化材を製造・販売を行っています。

販売量は減少していますが、コスト削減などにより利益は増加しています。

以上の結果より、売り上げは1兆8880億円、営業利益は8247億円で減収増益となっています。

鉱山品事業

鉄鋼、化学、セメントなど幅広い分野に石灰石の供給を行っています。

骨材の販売量が減少していますが、採掘コストが改善したことにより、

以上の結果より、売り上げは1246億円、営業利益は239億円で減収増益となっています。

建材事業

各種セメント、固化材を製造・販売を行っています。

コンクリート構造物補修・補強材の販売数量が増加しています

以上の結果より、売り上げは190億円、営業利益は18億円で増収増益となっています

光電子事業

各種セメント、固化材を製造・販売を行っています。

新伝送方式用光通信部品の販売数量が増加したことに加え、生産コストも改善しています。

以上の結果より、売り上げは58億円、営業利益は2億円で増収増益となっています。

新材料事業

各種セメント、固化材を製造・販売を行っています。

半導体製造装置向け電子材料が低調に推移しています。

以上の結果より、売り上げは114億円、営業利益は19億円で減収減益となっています。

電池材料事業

各種セメント、固化材を製造・販売を行っています。

二次電池正極材料が低調に推移しているものの、生産コストは改善しています。

以上の結果より、売り上げは13億円、営業損失は1億円で減収増益となっています。

 

まとめ

1.国内シェア3位
2.住友系企業
3.廃棄物再資源化に注力

参照・引用

公式HP:https://www.soc.co.jp/

おすすめ‼逆オファーサイト「キミスカ」

就活生として一歩リードしたいあなた、1分で登録できる無料サイト「キミスカ」に登録しよう‼

詳しくは下のサイトをチェック‼

【無料お得サイト】待ってるだけで選考がすすむ!?【キミスカ】

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG