【2021年】株式会社神戸製鋼所ってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「株式会社神戸製鋼所ってどんな会社?」

・鉄鋼国内3位
・アルミ/銅/電力など多角化
・17年に不正データ発覚

会社概要

設立 1911年6月28日
従業員数 単体11,560人 連結40,831人
資本金 2,509億円

事業区分

株式会社神戸製鋼所は主に7つの事業から成り立っています。

・鉄鋼事業
・溶接事業
・アルミ/銅事業
・機械事業
・エンジニアリング事業
・建設機械事業
・電力事業

就活情報

平均年収:570万(平均年齢:38.9歳)

初任給

●高専卒/月給19万円
●学部卒/月給21万3000円
●修士了/月給23万8000円

選考

エントリー → WEBテスト(TG-Web)/作文 → 面接3回

事業詳細

鉄鋼事業

条鋼(普通線材、特殊線材、特殊鋼線材、普通鋼棒鋼、特殊鋼棒鋼)、鋼板(厚板、中板、薄板(熱延・冷延・表面処理))、鋼片、鋳鍛鋼品(舶用部品・電機部品・産業機械部品等)、チタン及びチタン合金、鉄粉、鋳物用銑、製鋼用銑、スラグ製品、ステンレス鋼管、建材、各種特殊鋼製品、各種鋼線などの 製造・販売を行っています。

鋼材

米中貿易摩擦を背景に、海外の自動車向けを中心に需要が減少し、さらに期末にかけて新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けたことから、低調に推移しています。また、販売価格は、主原料価格などの上昇に伴い国内の一部で上昇したものの、市況の軟化を受けて輸出価格が下落しています。

鋳鍛鋼品

需要悪化に伴い販売数量が減少しています。

チタン製品

航空機分野での拡販等により、堅調に推移しています。

以上の結果より、売り上げは7237億円、営業損失は213億円で減収減益となっています。

溶接事業

溶接材料(各種被覆アーク溶接棒、自動・半自動溶接用ワイヤ、フラックス)、溶接ロボット、溶接電源、各種溶接ロボットシステム、溶接関連試験・分析・コンサルティング業などの提供・製造・販売などを行っています。

溶接材料

国内は、上期は全般的に堅調に推移したものの、下期は建築鉄骨や自動車、建機向けで需要が減少し苦戦する結果となりました。海外では、韓国のLNG造船向けの需要は増加したものの、タイ・インドネシアを中心に東南アジアで需要低迷が継続したことから、低調に推移しています。

溶接システム

国内の建築鉄骨や建機向けにおいて設備の更新需要が堅調に推移しています。

以上の結果より、売り上げは837億円、営業利益は29億円で減収減益となっています。

アルミ/銅事業

アルミ圧延品(飲料缶用アルミ板、熱交換器用アルミ板、自動車用アルミ板、各種アルミ押出品、磁気ディスク用アルミ基板)、銅圧延品(半導体用伸銅板条、自動車端子用伸銅板条、リードフレーム、復水管、空調用銅管)、アルミニウム合金及びマグネシウム合金鋳鍛造品(航空機用部品、自動車用部品等)、アルミ加工品(自動車用部品、建材、建設用仮設資材等)などの製造・販売を行っています。

アルミ圧延品

飲料用缶材向けの需要は前年同期並で推移したものの、自動車向けや半導体・IT向けの需要が減少したことから、低調に推移しています。

銅圧延品

銅圧延品の販売数量は、銅板条において自動車用端子や半導体向けの需要が減少したことや、銅管においても下期にかけて海外の需要が減少したことから、低調に推移しています。

以上の結果より、売り上げは3334億円、営業損失は204億円で減収減益となっています。

機械事業

エネルギー・化学関連機器、原子力関連機器(チャンネルボックス)、タイヤ・ゴム機械、樹脂機械、超高圧装置、真空成膜装置、金属加工機械、各種圧縮機、冷凍機、ヒートポンプ、各種プラント(製鉄圧延、非鉄等)、各種内燃機関などの製造・販売を行っています。

石油化学分野の需要は堅調に推移しています。

以上の結果より、売り上げは1659億円、営業利益は96億円で減収増益となっています。

エンジニアリング事業

各種プラント(還元鉄、ペレタイジング、石油化学、原子力関連、水処理、廃棄物処理等)、砂防・防災製品、土木工事、新交通システム、化学・食品関連機器などの製造・販売を行っています。

廃棄物処理関連事業で複数の大型案件の受注があった前連結会計年度に比べ4.7%減の1,169億円となり、当連結会計年度末の受注残高は、1,455億円となっています。

以上の結果より、売り上げは1415億円、営業利益は57億円で減収減益となっています。

建設機械事業

油圧ショベル、ミニショベル、ホイールローダ、クローラクレーン、ラフテレーンクレーン、作業船などの製造・販売を行っています。

油圧ショベル

建設投資が堅調に推移した国内や、政府の景気刺激策によりインフラ投資が好調であった中国では増加したものの、インフラ工事の延期の影響などにより需要が減退した東南アジアをはじめ、海外での販売が前連結会計年度を下回った結果、全体としては低調に推移しています。

クローラクレーン

需要が堅調であった国内は増加したものの、東南アジアを中心に海外メーカーとの競争が激化したことなどから、低調に推移しています。

以上の結果より、売り上げは3608億円、営業利益は75億円で減収減益となっています。

電力事業

電力供給を行っています。

2019年10月に真岡発電所1号機、2020年3月に真岡発電所2号機が稼働したことにより前連結会計年度を上回っています。電力単価は、発電用石炭価格の市況下落の影響を受け、前連結会計年度を下回っています。

以上の結果より、売り上げは756億円、営業利益は89億円で増収増益となっています。

(参照)2020年3月期有価証券報告書

まとめ

1.鉄鋼国内3位
2.アルミ/銅/電力など多角化
3.17年に不正データ発覚

参照・引用

公式HP:https://www.kobelco.co.jp/

おすすめ‼逆オファーサイト「キミスカ」

就活生として一歩リードしたいあなた、1分で登録できる無料サイト「キミスカ」に登録しよう‼

詳しくは下のサイトをチェック‼

【無料お得サイト】待ってるだけで選考がすすむ!?【キミスカ】

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG