【2021年】株式会社SCREENホールディングスってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「株式会社SCREENホールディングスってどんな会社?」

就職偏差値:Bランク

・半導体製造装置大手
・ウエハ洗浄装置では世界トップ
・液晶製造装置や印刷機など多角化

会社概要

設立 1943年10月11日
従業員数 単体381 名 連結6,074名
資本金 540億円

事業区分

株式会社SCREENホールディングスは主に4つの事業から成り立っています。

・半導体製造装置事業
・グラフィックアーツ機器事業
・ディスプレー/成膜装置事業
・プリント関連基盤機器事業

就活情報

平均年収:856万(平均年齢:42.7歳)

初任給

修士卒:238,280円
学部卒:215,280円
高専本科卒:199,180円

選考

エントリー → WEBテスト(オリジナル) → 面接3回

事業詳細

半導体製造装置事業

半導体製造装置の開発、製造、販売および保守サービスを行っています。

ファウンドリー、ロジックおよび画像素子向けの売上は増加したものの、メモリー向けの売上が減少しています。地域別では、台湾向けや北米向けの売上は増加しましたが、中国向けや韓国向けの売上が減少しています。

以上の結果より、売り上げは2305億円、営業利益は161億円で減収減益となっています。

グラフィックアーツ機器事業

印刷関連機器の開発、製造、販売および保守サービスを行っています。

インクなどのポストセールスの売上は堅調であったものの、CTP装置やPOD装置の売上が減少しています。しかし、固定費を削減したことにより、営業利益は増加しています。

以上の結果より、売り上げは455億円、営業利益は14億円で減収増益となっています。

ディスプレー製造装置/成膜装置事業

ディスプレー製造装置および成膜装置の開発、製造、販売および保守サービスを行っています。

大型パネル用製造装置の売上は増加したものの、中小型パネル用製造装置の売上が減少しています。

以上の結果より、売り上げは351億円、営業損失は25億円で減収増益となっています。

プリント基板関連機器事業

プリント基板関連機器の開発、製造、販売および保守サービスを行っています。

直接描画装置の売上が減少しています。

以上の結果より、売り上げは100億円、営業損失は2億円で減収増益となっています。

(参照)2020年3月期有価証券報告書

まとめ

1.半導体製造装置大手
2.ウエハ洗浄装置では世界トップ
3.液晶製造装置や印刷機など多角化

参照・引用

公式HP:https://www.screen.co.jp/

おすすめ‼逆オファーサイト「キミスカ」

就活生として一歩リードしたいあなた、1分で登録できる無料サイト「キミスカ」に登録しよう‼

詳しくは下のサイトをチェック‼

【無料お得サイト】待ってるだけで選考がすすむ!?【キミスカ】

【2021年電機/電子】【有価証券報告書まとめ】みんな知ってる?日本の優良電子/電機メーカー【企業就職偏差値】

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG