【2021年】オイレス工業株式会社ってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「オイレス工業株式会社ってどんな会社?」

就職偏差値:Bランク

・オイレスベアリングで国内トップ
・特許保有数多く、技術力高い
・免震/制振装置でも高シェア

会社業績

(引用)SBI証券

・長年安定した収益を確保している。
・営業利益が長期的にみると、悪化してきている。
・原料高、景気減速の影響を受け、来期の見通しは良くない。

会社概要

設立1952年3月11日
資本金85億8,500万円
従業員連結:2,591名 単体:1,105名(2020年3月31日現在)
売上高601億6,500万円(2019年度実績)

事業区分

オイレス工業株式会社は主に3つの事業から成り立っています。

・軸受機器事業
・構造機器事業
・建築機器事業

・軸受け機器事業が収益の柱となっている。
・環境事業/機器事業も水道関連

就活情報

平均年収:752(平均年齢:44.3歳)

初任給

院了/232,910円
学卒/217,100円
短大・高専卒/192,240円

選考

エントリー → Webテスト(SPI) → 面接3回

事業詳細

軸受機器事業

オイルレスベアリング等の製造・販売

事業TOPIX

◎2020年度
・一般産業機器向けは、国内外における設備投資及びインフラ投資の減速に伴い、主力である射出成形機や産業車両、半導体製造装置向けなどの受注が減少
・一般部品は、米中貿易摩擦の影響を受け、輸出量が減少
・自動車向け製品は、消費増税により国内消費の冷え込みが引き続き影響

構造機器事業

支承、免震・制震装置等の製造、販売

事業TOPIX

◎2020年度
・橋梁向け製品は、積極的な営業活動により大型プロジェクトの受注を獲得
・建築向け製品については、大型案件へ制震装置の採用あり
・第三の柱として事業育成中

建築機器事業

ウィンドウ オペレーター、環境機器、住宅用機器等の製造、販売

事業TOPIX

◎2020年度
・ウィンドウ オペレーターは物件の減少や小型化が見られた
・住宅向け外付けブラインドについては、着工戸数の減少や消費税増税による個人消費の落ち込みが影響
・今後、感染症対策としての需要を見込んでいる

研究開発

研究開発TOPIX

◎2020年度
軸受機器
・製造設備投資の積極化により、次世代自動車に対応した製品開発を加速
・一般産業部品は、コア技術であるトライボロジー技術を駆使し、コンポジット材料の高機能化、環境法規適合材料等の付加価値製品の創出
構造機器
・建物向けでは、低層から超高層ビルまで、免震装置(鉛プラグ入り積層ゴム支承・すべり支承)、制震装置(粘性型制震壁・摩擦型制震壁)の高性能化、高耐久性を実現させる取り組み
・橋梁向けでは、補修・耐震改修用すべり支承やダンパー等の耐震・減衰装置の開発

まとめ

1.オイレスベアリング国内トップ
2.売上収益は安定的
3.景気減速の影響を受け、来期見通しは良くない

参照・引用

公式HP:https://www.oiles.co.jp/

おすすめ‼逆オファーサイト「キミスカ」

就活生として一歩リードしたいあなた、1分で登録できる無料サイト「キミスカ」に登録しよう‼

詳しくは下のサイトをチェック‼

【無料お得サイト】待ってるだけで選考がすすむ!?【キミスカ】

【2021年重工業/機械】【有価証券報告書まとめ】みんな知ってる?日本の優良重工業/機械メーカー【企業就職偏差値】

 

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG