【2021年】フジテック株式会社ってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「フジテック株式会社ってどんな会社?」

就職偏差値:Cランク

・昇降機メーカー
・昇降機専業で国内4位
・アジア市場がメイン

会社業績

(引用)SBI証券

・長期的に安定して業績を伸ばしている
・来期見通しも良好

会社概要

設立1948年2月
資本金125億3393万円
従業員数2982名(2019年3月末現在:単体)
売上高2019年3月期 1707億5900万円(連結)

事業区分

フジテック株式会社は主に4つのセグメントから成り立っています。

・日本事業
・東アジア事業
・南アジア事業
・北欧/欧州事業

・海外売上比率が6割
・売り上げのほとんどがアジア圏

就活情報

平均年収:738(平均年齢:40.9歳)

初任給

修士了 月給23万6000円 (理系のみ)
大学卒 月給21万2000円 (高専専攻科・理系大学校応用課程卒含む)
高専卒 月給19万800円
短大卒 月給19万800円 (理系のみ)

選考

エントリー → 筆記テスト → 面接2-3回

事業詳細

エレベータ、エスカレータならびに動く歩道の専業メーカーとして製造、販売、据付、保守の一貫した事業をグローバルに展開

日本事業

事業TOPIX

◎2020年度
・ホテル、マンション向けの受注が堅調に推移する一方で、店舗向けが減少し、事務所向けでは前期の大型案件の反動減となったため、新設受注は減少
・保守・サービス事業は増加したものの、既設のエレベータやエスカレータの安全性・快適性・デザイン性を向上させるモダニゼーション工事の受注は微減

東アジア事業

事業TOPIX

◎2020年度
・中国でのエレベータ新設工事の増加に加えて、香港で新設工事とアフターマーケット事業がともに増加

南アジア事業

事業TOPIX

◎2020年度
・シンガポールではモダニゼーション工事、インドでは新設工事の受注がそれぞれ減少
・日本、米国、タイ、中国の各拠点で同商品の販売が減少

北欧/欧州事業

事業TOPIX

◎2020年度
・米国のエレベータ新設工事やアフターマーケット事業の伸長、英国でのエレベータ新設工事の増加により、受注は増加

研究開発

研究開発TOPIX

◎2020年度
・日本国内向けの標準型エレベータ「エクシオール」をフルモデルチェンジし、2020年4月1日から販売を開始
・新しい「エクシオール」では、エレベータに対するニーズがますます多様化していることを背景に、ご要望の多かった機能・性能・デザインを取り入れている
・業界初となる「エレベータ専用クーラー」の標準装備、「定格速度分速120m」のラインアップ化、視認性を向上させる「8.4インチ大型液晶モニター」などの新機能により、さらなる“安全・安心”と心地よい移動空間を提供
・新型コロナウイルス感染症の流行等で衛生意識が高まるなか、手をかざすことでエレベータを操作できる「非接触呼び登録」や「抗菌ボタン」などエレベータを清潔に利用いただくための機能をラインアップ

まとめ

1.昇降機メーカー
2.昇降機専業で国内4位
3.長期的に安定して業績を伸ばしている

参照・引用

公式HP:https://www.fujitec.co.jp/

おすすめ‼逆オファーサイト「キミスカ」

就活生として一歩リードしたいあなた、1分で登録できる無料サイト「キミスカ」に登録しよう‼

詳しくは下のサイトをチェック‼

【無料お得サイト】待ってるだけで選考がすすむ!?【キミスカ】

【2021年重工業/機械】【有価証券報告書まとめ】みんな知ってる?日本の優良重工業/機械メーカー【企業就職偏差値】

 

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG