【2021年】レオン自動機株式会社ってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「レオン自動機株式会社ってどんな会社?」

就職偏差値:Bランク

・食品成形機メーカー
・包あん成形機や製パン機が主力
・米国製パン事業が成長中

会社業績

(引用)SBI証券

・2018年をピークに売り上げ/営業利益が下降
・包あん機導入減少が影響

会社概要

設立1963(昭和38)年3月
資本金73億5,175万円
従業員746名
売上高268億9,600万円(2020年3月 連結実績)

事業区分

レオン自動機株式会社は主に2つの事業から成り立っています。

・食品加工機械製造販売事業
・食品製造販売事業

・食品加工機械製造販売が7割以上を占めている
・海外売り上げは約5割

就活情報

平均年収:716(平均年齢:46.4歳)

初任給

総合職(大学院了)  223,000円
総合職(大学卒)   209,800円

選考

エントリー → Webテスト → 面接3回

事業詳細

食品加工機械製造販売事業

食品成形機、製パンラインの製造・販売

事業TOPIX

◎2020年度
・消費者ニーズの高度化、多様化に伴う商品のバラエティー化、人手不足を背景とした省人化・省力化などの課題
・食の安全性、健康志向の増大、環境問題など市場のニーズが多様化
・米国で、中華まんやフィルドブレッド、チーズボール、クッキーなどの生産用として火星人の販売好調
・欧州で、製パンライン等で大型のブレッドラインやクッキーライン、「ツインデバイダー VX212型」の販売が好調
・アジアで、バゲット生産用として大型ライン、中国向けに食パン生産用として「VMライン」、ペストリー生産用として「HMライン」、菓子パン生産用として「FEライン」などの販売が好調

食品製造販売事業

生産システムを使用してのクロワッサン、デニッシュペストリー、パイ、クッキー類、冷凍ロールイン生地等の高加工度冷凍食品の製造販売

事業TOPIX

◎2020年度
・米国で、既存及び新規顧客へのクロワッサンやデニッシュが好調
・国内で、大手ユーザー向けのパン種の販売が減少

研究開発

研究開発TOPIX

◎2020年度
食品加工機械製造販売
・海外向け火星人シリーズで、仕向け地に合わせた安全衛生規格、サニタリー性向上、異物混入対策、IoT化などの顧客ニーズに対応する用途拡大研究
・フィリングポンプ機構の改良により、吐出時の計量精度の向上
・吐出幅可変や操作性、整備性向上、掃除容易化を取り入れた性能向上
食品製造販売事業
・新しい天然酵母パン種の研究、天然酵母パン種の活用方法を拡大するための応用化研究

まとめ

1.2018年をピークに業績下降傾向
2.食品加工機械製造販売が7割以上、海外比率5割
3.米国製パン事業が成長中

参照・引用

公式HP:https://www.rheon.com/jp/index.php

おすすめ‼逆オファーサイト「キミスカ」

就活生として一歩リードしたいあなた、1分で登録できる無料サイト「キミスカ」に登録しよう‼

詳しくは下のサイトをチェック‼

【無料お得サイト】待ってるだけで選考がすすむ!?【キミスカ】

【2021年重工業/機械】【有価証券報告書まとめ】みんな知ってる?日本の優良重工業/機械メーカー【企業就職偏差値】

 

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG