【2021年】ローツェ株式会社ってどんな会社?【就活生・転職者必見/企業研究】

「ローツェ株式会社ってどんな会社?」

就職偏差値:Cランク

・搬送装置メーカー
・大口顧客は台韓企業
・業績絶好調

会社業績

(引用)SBI証券

・非常に良い業績を出しており、今後も成長が期待できる

会社概要

設立1985年3月30日
資本金9億8,277万円
従業員連結:1,899名 (2020年2月末現在)
売上高連結:371億円(2020年2月期実績)
※過去最高利益
※2021年2月期も過去最高利益更新の見込み
※海外売上比率 85%

事業区分

ローツェ株式会社は主に2つの事業から成り立っています。

・半導体/FPD関連装置事業
・ライフサイエンス事業

・売り上げの8割が半導体/FPD関連装置事業によるもの

就活情報

平均年収:940(平均年齢:43.9歳)

初任給

大学院了:236,000円
大学卒 :232,000円
高専卒:212,000円    (2019年4月実績)

選考

エントリー → 筆記試験(オリジナル) → 面接2回

事業詳細

半導体/FPD関連装置事業

・半導体関連装置(大気用ウエハ搬送装置(システム)(a)EFEM・(b)ウエハソータ・(c)N2パージ対応ウエハストッカ、真空用ウエハ搬送装置(システム)、ウエハ搬送ユニット(単体)(ロボット・アライナ・ロードポート))などの製造・販売
・FPD関連装置(大型ガラス基板搬送装置、ガラスカッティングマシン)などの製造・販売
・モータ制御機器(ステッピングモータ用ドライバ、コントローラ)などの製造・販売

事業TOPIX

◎2020年度
・メモリーメーカーによる3次元構造のNANDフラッシュメモリーやDRAMの生産拡大に向けた設備投資が積極的に行われたことにより、EFEM、ウエハソータの売上高は増加

ライフサイエンス事業

・インキュベータ(細胞培養装置)などの製造・販売

事業TOPIX

◎2020年度
・細胞培養自動化装置の販売が国内外で好調に推移

研究開発

研究開発TOPIX

◎2020年度
半導体/FPD関連装置
・稼働率向上、性能向上、自動化、コストダウン等の課題に取り組み、ユーザーの近くにあって、客先仕様や個別ニーズに対応した新製品の開発
・次世代のクリーン搬送に要求されるウエハ裏面ミニコンタクト搬送機、及びそりウエハ対応搬送機を開発
・次世代の半導体パッケージング技術と期待されるPLP(パネルレベルパッケージング)用のガラス基板搬送システム(EFEM,ソータ)を開発
ライフサイエンス
・大阪大学と共同で「ローツェライフサイエンス細胞培養工学共同研究講座」を開設し、創薬研究のフェノタイプスクリーニングシステム及び細胞培養の自動細胞培養システムの開発

まとめ

1.搬送装置メーカー
2.大口顧客は台韓企業
3.業績絶好調

参照・引用

公式HP:https://www.rorze.com/

おすすめ‼逆オファーサイト「キミスカ」

就活生として一歩リードしたいあなた、1分で登録できる無料サイト「キミスカ」に登録しよう‼

詳しくは下のサイトをチェック‼

【無料お得サイト】待ってるだけで選考がすすむ!?【キミスカ】

【2021年重工業/機械】【有価証券報告書まとめ】みんな知ってる?日本の優良重工業/機械メーカー【企業就職偏差値】

 

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG