【2021年】多木化学株式会社ってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「多木化学株式会社ってどんな会社?」

就職偏差値:Dランク

・肥料のパイオニア
・運送/商業施設賃貸業も展開
・バカマツタケの商業化に注力

会社概要

設立 明治18年(1885) 3月
従業員数 単体 467名 連結 598名
資本金 21億47百万円

事業区分

多木化学株式会社は主に6つの事業から成り立っています。

・アグリ事業
・化学品事業
・建材事業
・石油事業
・不動産事業
・運輸事業

就活情報

平均年収:624(平均年齢:44.0歳)

初任給

●大学院了 225,900円
●大学卒  213,900円

選考

エントリー → Webテスト(SPI) → 面接3回

事業詳細

アグリ事業

肥料などの製造・販売を行っています。

肥料の販売価格は値上がりしているものの、販売数量が値上がりを見越した駆け込み需要の反動減や汎用肥料の需要が減少したことにより、低調に推移しています。

以上の結果より、売り上げは93億円、営業利益は7億で減収減益となっています。

化学品事業

水処理薬剤、機能製材料などの製造・販売を行っています。

水処理薬剤

販売数量は減少しているものの、原材料価格の値上がりに伴う価格の是正に努めたことと超高塩基度ポリ塩化アルミニウムの増販などにより、堅調に推移しています。

機能性材料

スマートフォンなどに使用される高純度酸化タンタルの需要が大きく減少したことにより、低調に推移しています。

以上の結果より、売り上げは73億円、営業利益は8億円で減収減益となっています。

建材事業

石膏ボードなどの製造・販売を行っています。

販売価格が下落しているものの、需要は増加しています。しかし、原料価格が高騰しており、苦しい状況となっています。

以上の結果より、売り上げは132億円、営業利益は11億で減収減益となっています。

石油事業

石油の販売を行っています。

販売数量は天候不順や省燃費車の普及に伴う需要減退などにより減少したことや、原油価格の下落による販売価格の値下がりにより、低調に推移しています。

以上の結果より、売り上げは26億円、営業利益は0.3億で減収増益となっています。

不動産事業

商業ビル及びその近隣などの不動産の賃貸を行っています。

ショッピングセンターの賃貸収入は例年並みで推移しています。

以上の結果より、売り上げは16億円、営業利益は9億で減収減益となっています。

運輸事業

海上および陸上輸送などを行っています。

荷動きなどが減少しており、低調に推移しています。

以上の結果より、売り上げは26億円、営業利益は2億で減収減益となっています。

(参照)2020年3月期有価証券報告書

まとめ

1.肥料のパイオニア
2.運送/商業施設賃貸業も展開
3.バカマツタケの商業化に注力

参照・引用

公式HP:https://www.takichem.co.jp/

おすすめ‼逆オファーサイト「キミスカ」

就活生として一歩リードしたいあなた、1分で登録できる無料サイト「キミスカ」に登録しよう‼

詳しくは下のサイトをチェック‼

【無料お得サイト】待ってるだけで選考がすすむ!?【キミスカ】

【2021年化学】【有価証券報告書まとめ】みんな知ってる?日本の優良化学メーカー【企業就職偏差値】

 

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG