【2021年】大倉工業株式会社ってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「大倉工業株式会社ってどんな会社?」

就職偏差値:Dランク

・合成樹脂フィルム大手
・新規材料の開発に注力
・液晶向けに大幅設備投資

会社概要

設立 1947年7月11日
従業員数 単体 1,071名 連結 2,025名
資本金 8,619,616,017円

事業区分

大倉工業株式会社は主に3つの事業から成り立っています。

・合成樹脂事業
・新規材料事業
・建材事業

就活情報

平均年収:509(平均年齢:38.8歳)

初任給

●総合職(技術職・営業職・スタッフ職)
院  了…218,200円
大  卒…204,450円
高専専科…204,450円
高  専…180,000円

●一般職(製造オペレーター職)
高  専…172,250円
短  大…169,000円
専  門…169,000円

選考

エントリー → 記述式(オリジナル) → 面接3回

事業詳細

合成樹脂事業

合成樹脂製品などの製造・販売を行っています。

自治体向けごみ袋を中心に一般包材BUの販売が堅調に推移していますが、食品ロス削減の動き等の影響を受けた軟包材製品を中心としたパッケージングBUや、天候不順及び作付け面積減少の影響を受けたアグリマテリアルBUで販売数量が大きく減少し、低調に推移しています。営業利益は、大型設備投資に伴い減価償却費が増加したものの、電池部材用及び光学用の産業機能材フィルムが好調だったこと、変動コストが低位で推移したことなどにより、堅調に推移しています。

以上の結果より、売り上げは493億円、営業利益は36億で減収増益となっています。

新規材料事業

光学機能性フィルムなどの製造・販売を行っています。

ウレタンフィルムや接着剤等の機能材料において自動車向け新製品の拡販が進んだこと、前年に大きく減少していたスマートフォン向け光学フィルムの受注が当期は回復したことなどにより、堅調に推移しています。一方、営業利益は機能材料が好調に推移したものの、大型液晶パネル向け光学フィルムにおいて、受注が大きく減少したことに加えて、試作に多くの費用を要していることや、販売を開始した製品についても歩留りが悪化したことにより、低調に推移しています。

以上の結果より、売り上げは229億円、営業利益は11億円で増収減益となっています。

建材事業

加工合板・パーティクルボードなどの製造・販売を行っています。

宅地造成及び建物建築事業の販売が好調であったものの、ホテル事業におけるオークラホテル高松の固定資産売却に伴い売上が減少したことなどにより、低調に推移しています。また、営業利益は売上の減少に加えて、情報処理システム開発事業の固定費の増加などにより、低調に推移しています。

以上の結果より、売り上げは57億円、営業利益は5億で減収減益となっています。

(参照)2019年12月期有価証券報告書

まとめ

1.合成樹脂フィルム大手
2.新規材料の開発に注力
3.液晶向けに大幅設備投資

参照・引用

公式HP:https://www.okr-ind.co.jp/

おすすめ‼逆オファーサイト「キミスカ」

就活生として一歩リードしたいあなた、1分で登録できる無料サイト「キミスカ」に登録しよう‼

詳しくは下のサイトをチェック‼

【無料お得サイト】待ってるだけで選考がすすむ!?【キミスカ】

【2021年化学】【有価証券報告書まとめ】みんな知ってる?日本の優良化学メーカー【企業就職偏差値】

 

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG