【2021年】株式会社タクマってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「株式会社タクマってどんな会社?」

就職偏差値:Bランク

・プラント企業大手
・バイオマス発電プラント
・東南アジアに展開

会社概要

設立 1938年6月10日
従業員数 単体 875人 連結 3,816人
資本金 13,367百万円

事業区分

株式会社タクマは主に5つの事業から成り立っています。

・環境/エネルギー(国内)事業
・環境/エネルギー(海外)事業
・民生熱エネルギー事業
・設備/システム事業

就活情報

平均年収:858(平均年齢:43.2歳)

初任給

〇修士了:234,870円(試用期間中は223,190円)
〇大学卒:222,880円(試用期間中は211,200円)
〇高専卒:211,880円(試用期間中は200,200円)

選考

エントリー → Webテスト(SPI)/作文 → 面接3回

事業詳細

各種ボイラ、機械設備、公害防止プラント、環境設備プラント、冷暖房ならびに給排水衛生設備の設計、 施工及び監理、土木建築、その他工事の設計、施工及び監理などを行っています。

環境/エネルギー(国内)事業

引き続き堅調な需要の獲得に努め、ごみ処理プラントのDBO事業(建設・運営事業)1件、設備更新工事1件、またバイオマス発電等の民間事業者向けでも新設プラント7件のほかO&M1件を受注しています。しかしながら、複数件の大型バイオマス発電プラント(発電出力:50~75MW級)の受注があった前期に比べ、受注高は減少しています。

一方、受注済みプラントの建設工事が順調に進捗したことから、堅調に推移しています。

以上の結果より、売り上げは1081億円、営業利益は106億円で増収減益となっています。

環境/エネルギー(海外)事業

新設プラントの受注獲得に向けた取り組みの結果、ミャンマー向けのバガス燃焼プラントを受注したことから、堅調に推移しています。

一方、売上高は受注済みのバガス燃焼プラントの建設工事が大きく進捗した前期に比べ、売上高の減少に伴い、低調に推移しています。

以上の結果より、売り上げは14億円、営業損失は2億円で増収となっています。

民生熱エネルギー事業

引き続き更新需要の獲得やメンテナンス受注の拡大に取り組んだ結果、堅調に推移しています。

以上の結果より、売り上げは179億円、営業利益は9.6億円で増収増益となっています。

設備/システム事業

当連結会計年度においては、建築設備事業を中心に引き続き堅調な需要の獲得に努めたものの、同事業において大型案件の受注があった前期に比べ、低調に推移しています。

一方、損益面では、売上高は減少したものの利益率の改善により、営業利益は増加しています。

以上の結果より、売り上げは78億円、営業利益は3.8億円で減収増益となっています。

(参照)2020年3月期有価証券報告書

まとめ

1.メカニカルシール/特殊バルブメーカー
2.自動車分野に強み
3.船舶/航空機分野も展開

参照・引用

公式HP:https://www.takuma.co.jp/

おすすめ‼逆オファーサイト「キミスカ」

就活生として一歩リードしたいあなた、1分で登録できる無料サイト「キミスカ」に登録しよう‼

詳しくは下のサイトをチェック‼

【無料お得サイト】待ってるだけで選考がすすむ!?【キミスカ】

【2021年重工業/機械】【有価証券報告書まとめ】みんな知ってる?日本の優良重工業/機械メーカー【企業就職偏差値】

 

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG