【2021年】株式会社JVCケンウッドってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「株式会社JVCケンウッドってどんな会社?」

就職偏差値:Dランク

・日本ビクターとケンウッドが経営統合
・業務用システムと車載機器が主力
・法人向けドラレコ拡販中

会社概要

設立 2008年10月1日
従業員数 単体3,300名 連結17,623 名
資本金 13,645,825,000円

事業区分

株式会社JVCケンウッドは主に3つの事業から成り立っています。

・オートモーティブ事業
・パブリックサービス事業
・メディアサービス事業

就活情報

平均年収:743(平均年齢:49.0歳)

初任給

◆修士了 月給236,500円
◆大学卒 月給213,500円
◆高専卒 月給187,500円

選考

エントリー → Webテスト(SPI) → 面接2回

事業詳細

オートモーティブ事業

カーAVシステム、カーナビゲーションシステム、ドライブレコーダー、車載用デバイスなどの製造・販売を行っています。

アフターマーケット事業

国内市場で「彩速ナビ」や前後撮影対応2カメラモデルのラインアップを拡充したドライブレコーダーの販売が好調に推移しているものの、海外市場でカーオーディオ市場縮小の影響を受けたことなどに加え、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響を受けたことから、低調に推移しています。

OEM事業

既存商品の早期販売終息にともなう純正向けディスプレイオーディオの販売減、JKHLの中国景気悪化の影響及び車両販売減にともなう用品向けカーナビゲーションの販売減影響などに加え、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響を受けたことから、低調に推移しています

以上の結果より、売り上げは1498億円、営業利益は12億円で減収減益となっています。

パブリックサービス事業

業務用無線機器、業務用映像監視機器、業務用オーディオ機器、医用画像表示モニターなどの製造・販売を行っています。

無線システム事業

米国無線子会社のProject25(P25)に準拠した業務用デジタル無線機器の販売が堅調に推移していますが、為替影響を受けたことに加え新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響を受けたことなどから、低調に推移しています。

業務用システム事業

業務用システム事業は、JKPIの映像セキュリティシステムの販売が好調に推移しています。

以上の結果より、売り上げは706億円、営業利益は29億円で減収増益となっています。

メディアサービス事業

業務用ビデオカメラ、プロジェクター、ヘッドホン、民生用ビデオカメラ、ホームオーディオ、オーディオ・ビデオソフト等のコンテンツ、CD/DVD(パッケージソフト)等の受託ビジネス などの製造・販売を行っています。

メディア事業

5G普及に伴い需要が拡大している通信機器向け映像デバイスの販売が好調に推移していますが、発売遅延による業務用ビデオカメラの販売減の影響を受けたことなどに加え、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響を受けたことから、低調に推移しています。

エンタテインメント事業

前年同期は大型作品による販売増があったことなどに加え、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響もありましたが、米国系エンタテインメント会社からの受注増などにより受託ビジネスが好調に推移したことから、例年並みで推移しています。

以上の結果より、売り上げは554億円、営業利益は8億円で減収減益となっています。

(参照)2020年3月期有価証券報告書

まとめ

1.日本ビクターとケンウッドが経営統合
2.業務用システムと車載機器が主力
3.法人向けドラレコ拡販中

参照・引用

公式HP:https://www.jvckenwood.com/jp.html

おすすめ‼逆オファーサイト「キミスカ」

就活生として一歩リードしたいあなた、1分で登録できる無料サイト「キミスカ」に登録しよう‼

詳しくは下のサイトをチェック‼

【無料お得サイト】待ってるだけで選考がすすむ!?【キミスカ】

【2021年電機/電子】【有価証券報告書まとめ】みんな知ってる?日本の優良電子/電機メーカー【企業就職偏差値】

 

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG