【2022年】三洋化成工業株式会社ってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「三洋化成工業株式会社ってどんな会社?」

就職偏差値:Cランク

・界面活性剤/高吸水性樹脂のパイオニア
・機能化学品で成長

・全樹脂電池の開発に着手

会社業績

(引用)SBI証券

・コロナウイルス感染拡大の影響を受けず、安定した業績をあげている

会社概要

創立1949年 11月
資本金130億5,100万円
従業員2,096名(連結)(2021年3月)
売上高1,447億円(連結/2021年3月実績)

事業区分

三洋化成工業株式会社は主に5つの事業から成り立っています。

・生活/健康産業関連事業
・石油/輸送機産業関連事業
・プラスチック/繊維関連事業
・情報/電機電子産業関連事業
・環境/住設産業関連事業

就活情報

平均年収:725(平均年齢:40.0歳)

初任給

【修士修了】266,300円
【学部卒】 236,100円
【高専卒・専門学校卒】 204,300円

選考

エントリー → Webテスト(SPI) → 面接2回

☟適性検査の詳しい情報はコチラから!!☟

 

☟就活成功までの道のりはコチラから!!☟

事業詳細

生活/健康産業関連事業

・洗剤やヘアケア製品用の界面活性剤および殺菌・抗菌剤、ポリエチレングリコール、紙パルプ用薬剤、高吸水性樹脂などの製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・生活産業関連分野は、ポリエチレングリコールと液体洗濯洗剤用界面活性剤の販売が低調に推移したが、家庭用洗剤に使われる界面活性剤等の販売が増加したため、売上高は横ばい。
・健康産業関連分野は、主力の高吸水性樹脂が、中国の需要は好調に推移したものの原料価格下落に伴う製品価格の改定などにより売り上げは伸びなかったが、殺菌剤等の販売が増加したため、売上高は横ばい。

石油/輸送機産業関連事業

・ポリウレタンフォーム原料、自動車等のシート用原料、自動車内装表皮材用ウレタンビーズ、変速機用やエンジン用オイルの潤滑油に添加する薬剤などの製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・石油・輸送機産業関連分野は、9月までの自動車産業分野の不振により、自動車シートなどに使われるポリウレタンフォーム用原料、潤滑油添加剤および自動車内装表皮材用ウレタンビーズの販売がともに低調に推移し、売上高は大幅に減少。

プラスチック/繊維関連事業

・永久帯電防止剤、顔料分散剤、樹脂改質剤、塗料用薬剤、繊維用薬剤などの製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・プラスチック産業関連分野は、塗料コーティング用薬剤・添加剤、自動車関連用途のモデル用材料、塗料用バインダーとして使われる樹脂改質剤の販売が低調に推移したが、主力の永久帯電防止剤の販売が、需要回復に加え新規用途の拡販が進んだため好調に推移し、売上高は横ばい。
・繊維産業関連分野は、炭素繊維用薬剤の販売が順調に推移したものの、合成皮革・弾性繊維用ウレタン樹脂、タイヤコード糸等の製造時に使用される油剤の販売が低調に推移したため、売上高は減少。

情報/電機電子産業関連事業

・複写機やプリンター用トナーバインダー、重合トナー中間体、アルミ電解コンデンサ等の電解液、半導体加工用薬剤などの製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・情報産業関連分野は、在宅勤務の増加などに伴い、オフィスでの複合機等の利用が減少したため、トナーに使用されている粉砕トナー用バインダー、重合トナー用ポリエステルビーズの販売がともに低調に推移し、売上高は大幅に減少。
・電気電子産業関連分野は、5Gに対応した半導体メモリ用レジストの原料やディスプレイ用樹脂の販売が大幅に増加し、売上高は好調に推移。

環境/住設産業関連事業

・廃水処理用高分子凝集剤、ポリウレタン断熱材の原料などの製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・環境産業関連分野は、高分子凝集剤の市況が引き続き低迷したため、その原料であるカチオンモノマーの販売も低調に推移し、売上高は減少。
・住設産業関連分野は、市況悪化に伴い、建築シーラント用原料および家具・断熱材などに用いられるポリウレタンフォーム用原料の販売がともに低調に推移し、売上高は減少。

研究開発

研究開発TOPIX

◎2020年度
生活/健康産業
・高吸水性樹脂「サンウェット」でヨウ素移動重合を用いて吸水性能を改良した新製品の採用が広がっていること、使用済み紙おむつなどの衛生用品の新しい回収・リサイクルシステムの構築に向けて、脱水性に優れる高吸水性樹脂を開発したこと、ふけかゆみ低減に効果的なアミノ酸系シャンプー成分を開発。
・機能性たんぱく質「シルクエラスチン」を用いた「半月板損傷根治を目指す革新的治療技術創生研究」がAMED 産学連携医療イノベーション創出プログラムに採択された。
石油/輸送機産業
・自動車エンジンオイルの国際規格「ILSAC GF-6」の正式なスタートに伴い、「ILSAC GF-6」に適合したエンジンオイル向けに開発した新規粘度指数向上剤が多数のユーザーに採用され、数千トン以上の販売に成功したこと、低泡性で潤滑性に優れた水溶性金属加工油用潤滑油基材「ユーティリオール GA-15P」を開発。
プラスチック/繊維産業
・帯電防止剤「ペレクトロン」シリーズについて、高屈折率な透明ABS樹脂に対して透明性を維持できる「ぺレクトロンCA」を開発したこと、コロナ禍の中、防護服に使用される不織布用途に「ペレスタット230」や「ぺレクトロンPVL」が採用されるなど医療分野で当社永久帯電防止剤の採用が広がっている。

・少量添加でABS樹脂に耐薬品性を付与して塗装時の歩留まり向上や、洗剤や油接触によるクラック発生防止に繋がる樹脂改質剤「ファンクティブ」を開発し、すでに多くのお客様より引き合いを受けている。
・風車のブレードの強化繊維として使用されるラージトウ炭素繊維の集束剤としてケミチレンシリーズを開発。
・ウレタン系合成木材「サンモジュール」シリーズにてアルミ製の検査冶具の代替や真空成型用型として使用する高硬度タイプの合成木材を上市したこと、MMAモノマー製造工程薬剤として消泡剤「ノプタム1970」を上市。
情報/電気電子産業
・省エネ性にすぐれる低温定着性トナーバインダーの採用が決まった。
・金型からの離型性に優れ、微細パターン成形が可能なナノインプリント用UV硬化樹脂を開発。
・半導体関連洗浄用強塩基としてメタル顔料をppbレベルに低減したDBUの新グレードを開発。
環境/住設産業
・植物の育成を阻害することなく農家の省力化や水資源の有効活用をはかるために開発した土壌保水剤「サンフレッシュGT-1」の採用が広がっている。
・アスファルト舗装に高い耐久性を付与できる改質剤「ビスコールLM500」が採用された。

まとめ

1.界面活性剤/高吸水性樹脂のパイオニア
2.機能化学品で成長
3.全樹脂電池の開発に着手

参照・引用

公式HP:https://www.sanyo-chemical.co.jp/

就活生必見の記事

☟もっと企業研究をしたい方はコチラから!!☟

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG