就職偏差値

就職偏差値ってなに?

◎企業の知名度や求人倍率などを加味し、内定を得る難易度を簡易的に決めたもの

就職・転職を開始するときに、努めたい企業を決めるための参考になる一つの資料です。

就職偏差値は過去に作られた資料(2ch)が基になっており、今は存在しない企業や社名変更している企業もたくさん残っています。

時代の流れが速く、M&Aが盛んな現代では、盲目的に就職偏差値を信じ過ぎることは危険ですので、使い方には注意したいですね。

本Blobでは世の中に出回っている就職偏差値ランキングに手を加えたものを掲載しています。

就職偏差値ってどうやって決めてるの?

就職偏差値は下記の基準などを総合して決めているようです。

  1. 学歴フィルター
  2. 企業の規模
  3. 企業の知名度
  4. 企業の人気度
  5. 必要とされる技術

基準はややあいまいなところがあるように思います。

やはり、就職偏差値を信じ過ぎるのは良くないですね。

就職偏差値ランキング

本ブログでは、有価証券報告書を基に企業研究を行っています。

就職偏差値ランキングの順にまとめを掲載していますので、ご覧ください。

化学メーカー

 

化学業界はホワイト企業と呼ばれる企業が多く実はオススメな業界です。

BtoBの製品を扱っている企業が多く、食品や自動車メーカーのように目立たないですが、優良企業がたくさん存在します。

収入面で注目されることはあまりありませんが、実は40歳前後で1000万近く稼ぐことも可能な業界です。

若いころに大きく稼ぐことは難しいかもしれませんが、安定を望む人には向いている業界かもしれません。

そんな魅力的な化学業界に属する企業について知りたい方は下記からどうぞ!!

 


自動車/自動車部品メーカー

 

トヨタ自動車を筆頭とする、日本を支える基幹産業である自動車メーカー。

電気自動車をはじめ、新たなテクノロジーが出てきたことにより、業界再編が進んでいます。

国内市場が低迷する中、各自動車メーカーは積極的に海外進出しており、まだまだ成長の余地を残しています。

日本を代表する自動車/自動車部品メーカーについて知りたい方は下記からどうぞ!!

 


重工業/機械メーカー

 

航空機・造船・鉄道などスケールの大きなものを製造しているのが、重工/機械メーカーです。

また、原子力発電所や国防関連まで担っており、今後も無くならないであろう安定した企業が多いです。

長期間に渡るおぽ型プロジェクトが多く、福利厚生も手厚いため、離職率が低いことで知られています。

特大プロジェクトに興味があり、安定した業界に興味がある方は下記からどうぞ!!

 


電気/電子メーカー

 

日常生活に欠かせない生活家電から、コンピュータ製品などに使用される部品までを製造しているのが電気/電子メーカーです。

かつては日本を牽引した電気/電子メーカーですが、海外勢に押され厳しい状況が続いています。

シャープや東芝など総合家電メーカーとして名を馳せたメーカーたちが厳しい状況に追いやられ、三菱電機のパワハラ報道などによって、ブラック企業のイメージも強い状況です。

しかし、5GやDXなど新たな時代に突入しており、再びソニーなどキラリと光る企業が登場しています。

これからの時流に乗って再度大きく成長する可能性のある電気/電子メーカーに興味がある方は下記からどうぞ!!

 


建設メーカー

 

スーパーゼネコンを筆頭に高年収のイメージが強い建設業界。

その一方で、残業時間もかなり多く、転勤も多いため、肉体的にはかなりしんどいイメージがあります。

日本の人口が減少し、持ち家派も減少していく中、ハウスメーカーの今後の見通しは少し心配です。

ですが、やっぱり高年収は魅力的、若い間にガッツリ稼いで、裕福な生活をしたいそんな方は下記からどうぞ!!

 

 

 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG