【2022年】日医工株式会社ってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「日医工株式会社ってどんな会社?」

就職偏差値:Bランク

・大手後発医薬品メーカー
・2021年不適正製造発覚で出荷停止
・事業再生ADRで再建中

会社業績

(引用)SBI証券

2021年不適正製造発覚により、直近大きく営業利益を落としており、将来見通しも良くない

会社概要

設立1965年7月15日
資本金233億60百万円
従業員数2,725名(2021年3月末現在、連結)
売上収益1,882億18百万円(IFRS,2021年3月期,連結)

事業区分

日医工株式会社は主に2つのセグメントから成り立っています。

・日医工グループ
・Sagent グループ

就活情報

平均年収:675万(平均年齢:40.3歳)

初任給

大学卒(月給)222,930円
修士了(月給)233,910円

選考

エントリー → Webテスト(SPI)  → 面接2回

☟適性検査の詳しい情報はコチラから!!☟

☟就活成功までの道のりはコチラから!!☟

事業詳細

日医工グループ

・ジェネリック医薬品の製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2021/4~2022/3)
・富山第一工場における生産・出荷再開品目数及び供給数の拡充を図っているが、厳重な品質チェック等を実施していることなどから当初想定より出荷再開に時間を要しており、早急に拡充すべく全社を挙げて対応を行っている。
・岐阜工場製品が売上に寄与したものの(約327億円)、薬価改定による薬価引き下げや、製造委託先である小林化工株式会社における生産・出荷停止に起因するエルメッド製品の売上減少による影響、富山第一工場製造品の出荷再開の遅れによる影響等から、売上収益は1,390億27百万円(前年同期比134億53百万円減)、セグメント損失は140億17百万円(前年同期は29億95百万円のセグメント利益)と大幅な減収減益となった。

Sagent グループ

・ジェネリック医薬品の製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2021/4~2022/3)
・コスト競争力・安定供給能力の強化を目指し内製化・自社製造能力の拡充に向けた体制強化を進めている。
・米国市場上市を目指して開発中のバイオシミラー、オーファンドラッグについては、承認申請が予定より遅れることが確実となり、今後の開発計画全体について改めて検討を行うこととなった。
・新型コロナウイルス関連製品が引き続き好調であったことやカナダ市場での売上伸長などにより、売上収益は400億56百万円(前年同期比37億67百万円増)と増収となったものの、SterRx での生産設備見直しによる工場の稼働停止や、主力品の販売単価下落などの影響から、セグメント損失は27億59百万円(前年同期比7億41百万円の損失増)となった。

研究開発

研究開発TOPIX

◎2021年度
日医工グループ

・バイオシミラーについては、ベバシズマブBS点滴静注の製造販売承認を2022年1月20日に取得した。本製品の国内における販売は、国内販売権許諾契約をサンド株式会社と締結し、薬価収載後、サンド株式会社が独占的に行うこととした。
Sagent グループ
・米国での上市を目指して開発中のバイオシミラーについては、承認申請が予定より遅れることが確実となり、今後の開発計画について改めて検討を行うこととなっている。

まとめ

1.大手後発医薬品メーカー
2.2021年不適正製造発覚で出荷停止
3.事業再生ADRで再建中

参照・引用

公式HP:https://www.nichiiko.co.jp/

就活生必見の記事

☟もっと企業研究をしたい方はコチラから!!☟

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG