【2022年】株式会社クボタってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「株式会社クボタってどんな会社?」

就職偏差値:Aランク

・農業機械/鋳鉄管で国内トップ
・エンジン/環境プラントなども展開

・海外展開を強化

会社業績

(引用)SBI証券

・業績は右肩上がりで成長しており、今後にも期待できる

会社概要

設立1930年12月
資本金841億円(2021年12月現在)
従業員数(就業人員)43,293名(2021年12月期・連結)
売上高2兆1,967億円(2021年12月期・連結)

事業区分

株式会社クボタは主に2つの事業から成り立っています。

・機械事業
・水/環境事業

就活情報

平均年収:794(平均年齢:40.4歳)

初任給

(株)クボタ 総合職【修士了】(月給)256,500円
(株)クボタ 総合職【大学卒】(月給)236,500円

選考

エントリー → テストセンター(SPI) → 面接1回

☟適性検査の詳しい情報はコチラから!!☟

 

☟就活成功までの道のりはコチラから!!☟

事業詳細

機械事業

・トラクタ、耕うん機、コンバイン、田植機、芝刈機、ユーティリティビークル、その他農業機械、インプルメント、アタッチメント、ポストハーベスト機器、野菜機械、中間管理機、その他関連機器、ミニライスセンター、育苗・精米・園芸施設、各種計量・計測・制御機器及びシステム、空気清浄機、農業機械用・建設機械用・産業機械用・発電機用等各種エンジン、ミニバックホー、ホイールローダ、コンパクトトラックローダ、スキッドステアローダ、その他各種建設機械関連商品などの製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/1~2020/12)
・北米では、サプライチェーンの混乱による調達の遅れは続いていますが、郊外移住等に伴う旺盛な需要を背景にトラクタや建設機械が大幅に増加。
・欧州では、前年の新型コロナウイルス感染拡大に伴う販売低迷からの回復により、建設機械、トラクタ、エンジンが増加。
・アジアでは、タイで良好な天候や作物価格の高値安定に支えられた畑作市場の好調により農業機械が大幅に増加したほか、インドでも農業機械が好調に推移。
・その他の地域では、オーストラリアのトラクタや建設機械が政府の景気刺激策を背景に大きく伸長。

水/環境事業

・ダクタイル鉄管、合成管、官需向けバルブ、排水集合管、各種建設工事等の設計・施工、反応管、ハースロール、圧延用ロール、TXAX[ブレーキ用材料]、スパイラル鋼管(鋼管杭、鋼管矢板)、空調機器、上下水処理装置及びプラント、ポンプ及びポンププラント、水処理用膜ユニット、各種用排水プラント、し尿処理プラント、廃棄物焼却・溶融プラント、廃棄物破砕・選別プラント、排煙脱硫装置、膜型発酵メタンプラント、浄化槽、浴槽、民需向けバルブなどの製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/1~2020/12)
・パイプインフラ関連製品は緊急事態宣言に伴う工期延長の影響等によりダクタイル鉄管や工事事業が減少。
・環境関連製品は排水ポンプ車の増販がありましたが、プラント建設の減少により全体では減少。

研究開発

研究開発TOPIX

◎2020年度
機械
・インド市場向けトラクタ「MU5502」の開発。
・産業用小型電子制御ディーゼルエンジン「D902-K」の開発。
・立ち乗り型小型建設機械「SCL1000」の開発。
水・環境
・水道管路の新たな老朽度評価方法の開発。
・水田の水位を自動制御する「スマート農業用水管理システム」の開発

まとめ

1.農業機械/鋳鉄管で国内トップ
2.エンジン/環境プラントなども展開
3.海外展開を強化

参照・引用

公式HP:https://www.kubota.co.jp/

就活生必見の記事

☟もっと企業研究をしたい方はコチラから!!☟

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG