【2022年】株式会社三陽商会ってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「株式会社三陽商会ってどんな会社?」

就職偏差値:Bランク

・アパレル大手メーカー
・2015年にバーバリーと契約終了

・マッキントッシュと契約中

会社業績

(引用)SBI証券

・バーバリーと契約終了してから、長年赤字の状態が続いており、かなり厳しい状況

会社概要

設立1943年5月11日
資本金150億円251万742円
従業員1,572名(2021年2月28日現在・連結)
売上高379億3千9百万円(2021年2月期・連結)

事業区分

株式会社三陽商会は単一セグメントから成り立っています。

・衣料品関連事業

就活情報

平均年収:467万(平均年齢:40.6歳)

初任給

大卒・大学院了・既卒・専門学校卒(月給)217,300円

選考

エントリー → マークシート(SPI) → 面接4回

☟適性検査の詳しい情報はコチラから!!☟

 

☟就活成功までの道のりはコチラから!!☟

事業詳細

衣料品関連事業

・衣料品等の製造・販売・縫製加工・海外生産支援・ライセンス管理・EC関連支援

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/3~2021/2
・新型コロナウイルス感染症の影響により引き続き厳しい状態にあるものの、持ち直し基調。
・輸出や生産は海外経済の回復などを背景に増加を続け、設備投資は輸出・生産の増加による機械投資の復調で、全体としては下げ止まっている。
・個人消費は新型コロナウイルス感染症の影響により飲食・宿泊等のサービス消費において下押し圧力が強まっている。
・2020年度終盤に第3波到来により新型コロナウイルス感染症が急拡大する中で、秋冬商戦の山場となる2021年1月には緊急事態宣言の再発出により百貨店中心に集客が急減し売上を大きく落とす結果。
・2月に入りやや回復の兆しが見えたものの、宣言延長による対象地区店舗・テナントの時短営業や高齢層を中心とした外出自粛等、依然厳しい状況が続いている。
・国内富裕層を中心に高額消費が活発な他、巣ごもり需要によるEC好調が続く一方、インバウンド需要は入国規制により大幅減となり低水準のまま推移。
・新型コロナウイルス感染症のダメージコントロールへの注力と並行して、増加した在庫品の圧縮、新規商品仕入高のコントロール、EC販路の強化など様々な施策に取り組み、事業構造改革を推進。
・コロナ禍が下半期以降も想定以上に拡大・長期化する厳しい環境下、売上高の確保、在庫消化の為のセール多用等で売上高はほぼ計画達成が出来たが、売上総利益率については大幅に悪化。

研究開発

研究開発TOPIX

◎2020年度
・特になし

まとめ

1.アパレル大手メーカー
2.2015年にバーバリーと契約終了
3.マッキントッシュと契約中

参照・引用

公式HP:https://www.sanyo-shokai.co.jp/

就活生必見の記事

☟もっと企業研究をしたい方はコチラから!!☟

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG