【2022年】リケンテクノス株式会社ってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「リケンテクノス株式会社ってどんな会社?」

就職偏差値:Dランク

・塩ビコンパウンド国内トップ
・建材用化粧材用フィルムも強い

・海外展開早くコロナウイルス影響大

口コミ・評判

企業風土
・トップが変わったことにより、依然以上に利益に厳しくなっている様子
・体質改善中のため、業務が以前より大変になっている様子
ワークライフバランス
・部署によってばらつきはあるが、比較的残業が多い様子
・基幹職は土日も業務を行っている人もおり、残業も多い様子

会社業績

(引用)SBI証券

・2017年まで業績は右肩上がりで成長していたが、直近は伸び悩んでいる

会社概要

設立1951年3月
資本金85億1,400万円
従業員単体:731名(正社員)、連結:1,944名
売上高単体:416億5,584万円、連結:988億867万円

事業区分

リケンテクノス株式会社は主に4つの事業から成り立っています。

・トランスポーテーション事業
・デイリーライフ&ヘルスケア事業
・エレクトロニクス事業
・ビルディング&コンストラクション事業

就活情報

平均年収:599(平均年齢:42.6歳)

初任給

■総合職
大卒 217,560円
院了 232,440円
(2020年4月実績/諸手当を除く基本給)

選考

エントリー → マークシート(SPI) → 面接3回

☟適性検査の詳しい情報はコチラから!!☟

 

☟就活成功までの道のりはコチラから!!☟

事業詳細

トランスポーテーション事業

・コンパウンド、フイルムなどの製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・国内では、新型コロナウイルス感染症の影響により低迷した自動車市場が下期より回復し、同市場へのエラストマーコンパウンドの販売が増加したが、前年の水準には至らず減収。
・海外では、新型コロナウイルス感染症の影響から、中国の自動車市場は早期回復、7月以降北米・ASEAN・インドの各市場も回復基調に推移したが、コンパウンド販売は前年の水準には至らず減収。
・セグメント利益については、市況の回復は見られたが、販売数量減少により減益。

デイリーライフ&ヘルスケア事業

・コンパウンド、フイルム、食品包材などの製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・国内では、新型コロナウイルス感染症の影響により生活資材市場のメディア・サイン分野向けフィルムの販売が減少したが、抗ウイルスフィルムのリケガードおよび食品包材市場の業務用ラップの販売が増加し、全体として増収。
・海外では、ASEAN諸国での生活資材市場・医療市場向け塩ビコンパウンドの販売が増加し、増収。
・セグメント利益については、医療市場および食品包材市場で販売が増加したことにより増益。

エレクトロニクス事業

・コンパウンド、フイルムなどの製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・国内では、各種ディスプレイ用抗ウイルスフィルムのリケガードの販売の深耕が進んだが、新型コロナウイルス感染症の影響により低迷したエネルギー市場への塩ビコンパウンドの販売が前年を下回り、全体として減収。
・海外では、北米およびタイ国での販売は増加しましたが、インドネシア国におけるエネルギー市場向けの塩ビコンパウンドの販売が低迷し、全体として減収。
・セグメント利益につきましては、抗ウイルスフィルムの販売が増加したことにより増益。

ビルディング&コンストラクション事業

・コンパウンド、フイルムなどの製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・国内では、新型コロナウイルス感染症の影響により低迷した住宅市場・非住宅市場へのコンパウンドおよびフィルムの販売は下期から増加に転じたが、前年の水準には至らず減収。
・海外では、タイ国でのコンパウンドの販売が増加し、増収。
・セグメント利益につきましては、国内での販売数量減少により減益。

研究開発

研究開発TOPIX

◎2020年度
コンパウンド
・リケガード(抗菌・抗ウイルス・防虫)コンパウンドの実績化
・完全架橋エラストマーである新アクティマーGの自動車部品への採用
・高耐熱・柔軟EV車用充電ケーブルの販売拡大
・ハイブリット架橋エラストマーであるリクロマーの開発
・バイオマス、リサイクルコンパウンドの開発
・自動車用グラスランチャンネル部材の全日系車への採用拡大
・旭化成㈱からのACS樹脂の資産譲受
・電線用高発泡PVCの販売拡大
・医療用TPE材の採用拡大 

フィルム
・リケガード(抗菌・抗ウイルス・防虫)フィルムの実績化
・各種塗装代替フィルムの開発
・建装材用意匠性フィルムの流動
・医薬品包装用フィルムの流動
・高耐湿・高耐熱性FFC用フィルムの流動
・ガラス代替フィルムREPTY DC100の製品化展開
・ウィンドウ用フィルムの展開拡大
食品包材
・自動包装機メーカー向け純正ノンストレッチPVCラップフィルムの販売拡大対応

・食品包材の海外拡販検討
・食品スーパーマーケット・バックヤード向け小型包装機用PVCラップフィルムの開発と採用
・業界団体とのコラボレーションによるPVCラップフィルムの広報活動
・製膜加工機における混練技術の基礎研究

まとめ

1.塩ビコンパウンド国内トップ
2.建材用化粧材用フィルムも強い
3.海外展開早くコロナウイルス影響大

参照・引用

公式HP:https://www.rikentechnos.co.jp/

就活生必見の記事

☟もっと企業研究をしたい方はコチラから!!☟

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG