【2019年】キッコーマン株式会社ってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「キッコーマン株式会社ってどんな会社?」

・しょうゆ最大手で約3割のシェア
・アジアでベルモンテの商標権所有
・健康志向で豆乳好調

会社概要

設立1917年(大正6年)12月7日
従業員数(連結)7,100名
資本金11,599百万円

事業区分

キッコーマンは4つの事業から成り立っています。

・国内食料品製造・販売事業
・国内その他事業
・海外食料品製造・販売事業
・海外食料品卸売り事業

就活情報

平均年収:797万(平均年齢:43.2歳)

初任給

232,892円(修士了)
217,000円(学部卒)

選考

【事務系】    エントリー → WEBテスト(玉手箱) → 面接4回

【研究・製造系】 エントリー → WEBテスト(玉手箱) → 面接3回

事業詳細

国内 食料品製造・販売事業

しょうゆ部門

家庭用分野では、「いつでも新鮮」シリーズが、テレビ宣伝を中心としたマーケティング施策を徹底することにより、付加価値が市場に浸透し、順調に売り上げを伸ばしたようです。しかし、ペットボトルタイプや工業用しょうゆの売り上げが芳しくなく、部門全体での売り上げは前年より落ち込んだようです。

食品部門

つゆ類は、家庭用分野では、ストレートタイプつゆの「具麺シリーズ」や濃縮つゆの「濃いだし本つゆ」の売り上げが好調に推移したようです。たれ類は、主力商品である「わが家は焼肉屋さん」シリーズが好調に推移し、新商品の「超生姜焼のたれ」も順調に売り上げを伸ばしているようです。また、工業用も順調に推移しているようです。ベルモンテ調味料は、「リコピンリッチ」などの高付加価値品が好調に推移し、部門全体での売り上げも前年を上回ったようです。

飲料部門

豆乳飲料は、健康志向の高まりを背景に特定保健用食品の商品や、「チョコミント」などの豆乳飲料、無調整豆乳の売り上げが好調のようです。デルモンテ飲料は、「リコピンリッチ」や、無塩トマトジュース、無塩野菜ジュースが好調のようです。部門全体での売り上げも前年を上回ったようです。

酒類部門

本みりんは、家庭用分野では、新商品の「濃厚熟成本みりん」を市場投入し、「米麹こだわり仕込み本みりん」などの高付加価値商品の売り上げが好調だったものの、「芳醇本みりん」や大型容器が減少したため売り上げは前年を下回ったようです。ワインは、キッコーマン食品株式会社が輸入ワインの取扱を終了したことなどにより、売り上げは前年度を下回ったようです。部門全体での売り上げも前年より落ち込んだようです。

以上より、国内 食料品製造・販売事業全体での売り上げは1,746億5400万円、営業利益は105億9700万円と前年度比で増収増益となったようです。

国内その他事業

国内でのその他事業は臨床診断薬・衛生検査薬・加工用酵素、ヒアルロン酸等の化成品等の製造・販売、不動産賃貸及び運送事業、グループ会社内への間接業務の提供等を行っています。臨床診断薬、衛生検査薬、ヒアルロン酸、また、運送事業が好調に推移し、売り上げは214億2700万円、営業利益は17億7300万円と前年度比で増収増益となったようです。

海外食料品製造・販売事業

しょうゆ部門

北米市場では、家庭用分野では、主力商品であるしょうゆに加え、しょうゆをベースとした調味料などの拡充に引き続き力を入れ、当社のブランド力を生かした事業展開を行ったようです。また、加工・業務用分野では顧客のニーズに合わせたきめ細かな対応を行った結果、売り上げは好調に推移したようです。欧州市場においては、主要市場であるイギリス、フランスなどで堅調に推移したようです。アジア・オセアニア市場においては、中国、タイ、フィリピン市場において売り上げを伸ばし、部門全体でも前年の売り上げを上回ったようです。

デルモンテ部門

デルモンテ部門では、アジア・オセアニア地域で、フルーツ缶詰・コーン製品、トマトケチャップ等を製造・販売しています。中国および香港市場では売り上げが好調に推移し、部門全体では前年の売り上げを上回ったようです。

以上より、海外食料品製造・販売事業全体での売り上げは935億1000万円、営業利益は187億4500万円と前年度比で増収増益となったようです。

海外食料品卸売り事業

海外食料品卸売り事業は、国内外において、東洋食品等を仕入れ、販売しています。
北米では、アジア系マーケットにとどまらず、ローカルマーケットへのさらなる浸透を進めたことにより、売り上げは順調に推移したようです。また、欧州、アジア・オセアニアでは引き続き市場が拡大したため、海外食料品卸売り事業全体での売り上げは1,921億900万円、営業利益は85億9700万円と前年度比で増収増益となったようです。

(参照)2018年有価証券報告書

まとめ

1.しょうゆ最大手で約3割のシェア
2.海外売上比率6割
3.アジアでベルモンテの商標権所有

参照・引用

公式HP:https://www.kikkoman.co.jp/

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG