【就活性必見】SBI証券を使って効率よく企業研究しよう!

就活生は証券口座が開設有効!!その理由とは?

皆さん、証券口座を開設することで、企業研究が効率よく進むことを知っていますか?

銀行などと同じで、SBI証券は口座開設費・維持費が無料です。
口座開設数は600万と日本で一番の証券口座で、信頼と実績があるので安心してください。
(どのサイトを見てもSBI証券がオススメされています。)

それでは、証券口座を開設することで、どのようなメリットが得られるか見てみましょう。

  • 無料で四季報の情報を手に入れることができる。
  • 過去10年の企業業績/次年度業績予測を瞬時に確認できる。
  • 今後成長が期待できる業界が簡単にわかる。
ただ、証券口座を開設するだけでたくさんのメリットが得られますね。
特に、企業業績が簡単にわかるのは就活生としてはかなりのプラスになります。
一方、デメリットはどうでしょう?
  • 口座開設の手続きがめんどくさい。
  • 口座開設までに時間がかかる。
デメリットは自分の行動力次第で簡単に解決できそうですね。
悩んでる暇があったら、無料なのでとりあえず作っておくとよいと思います
また、入社直後には何もわからないまま、確定拠出年金や持株会に入らされます。
学生のうちから証券口座を作って株式投資の勉強をしておくと、その対策にもなり社会人として一歩リードできます

実は最も重要!企業の業績推移を把握しよう!

皆さん、大手就活サイトで気になる企業が見つかった後、何をしますか?
おそらく、次のような行動をとるのではないでしょうか?

・平均年収は高いか?
・休暇取得日数は多いか?
・就職偏差値が高く、自慢できるか?

これらは全て現時点での企業状況にすぎません。
本当は上記の行動だけで、就職する企業を決めるのは恐ろしいことです。

初めに、最も大切なことを言わせてください。

日本の賃金制度は年功序列型で、社員をクビにするのは難しい特徴があります。

それでは、それぞれの項目について少し解説してみたいと思います。

  • 平均年収は高いか?

企業の平均年齢が高ければ、平均年収は高くなる傾向にあります。

業績がいいから平均年収が高いわけではないのです。

注意しておかないと、就職した後に業績が悪いことを知り、給料が高いだけの働かないおじさん達の存在にイライラしてしまうでしょう。

そして、このおじさんたちが退職する頃には、業績はさらに悪化し、自分の給料が思った以上に伸びないということは普通にあります。

  • 休暇取得日数は多いか?

実際、企業に就職するとわかりますが、部署ごとに残業時間・休暇取得日数はバラバラです。

大手就活サイトなどに乗っている情報は、あくまで企業全体の平均値にすぎません。

実態は、業績が悪化してきており、暇になってきている部署が多く、平均値として休暇取得日数が増えている印かもしれません。

時代に沿った良い企業だから、休暇取得日数が多いとは限りません。

  • 就職偏差値が高く、自慢できるか?

近年は、大企業でも普通にリストラが行われており、最悪の場合倒産ということもあり得ます。

かつては、誰もが就職したかった東芝やシャープも今では憐みの目で見られているかもしれません。

企業名を聞いたことがあるので安心だという考えは捨ててください。

兎にも角にも、直近の業績が悪化してきている企業は、就業条件が悪化する可能性が高いのです。

そのため、気になる企業の業績を把握しておくことはかなり重要です。

この業績などの重要な情報を簡単に入手するためのツールがSBI証券です。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

※上記リンクから口座開設に進みましょう!

気になった方は下記のリンクから詳しい情報を!!

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG