【2021年】マツダ株式会社ってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「マツダ株式会社ってどんな会社?」

・エンジンに強み
・マシングレーやソウルレッドなど人気色多数
・トヨタと資本提携

「マツダ株式会社ってどんな会社?」

設立 1920年1月30日
従業員数 単体23,087名 連結49,998名
資本金 2,840億円

会社概要

マツダ株式会社は主に3つの事業から成り立っています。

・車両事業
・海外生産用部品事業
・部品事業

事業区分

就活情報

平均年収:677万(平均年齢:41.1歳)

博士了 264,500円/月
修士了 232,000円/月
大学・高専専攻科卒 210,000円/月
高専本科卒 185,000円/月
短大・専修(3年課程)卒 182,000円/月
短大・専修(2年課程)卒 179,000円/月

初任給

エントリー → SPI3 → 面接(1~2)回

選考

事業詳細

市場別事業状況

消費税増税の影響による需要縮小で、現行モデルの「MAZDA CX-5」、「MAZDA CX-8」の販売が減少しています。ですが、新世代商品の「MAZDA3」、「MAZDA CX-3」は好調で、SKYACTIV-X搭載モデルも高評価を得ています。

日本

アメリカでは、セダン市場が縮小を続けています。加えて、クロスオーバーSUV市場の競争が激化している中で、SUV車の「 CX-5」、「MAZDA CX-9」は好調に売り上げを上げています。

北米

ドイツやイギリスで、販売が増加しています。昨年9月に導入した「 CX-30」が好調で、欧州でもSKYACTIV-X搭載モデルは高評価を得ています。

欧州

需要縮小に伴い販売価格競争が起こり、苦戦を強いられている状況です。

中国

オーストラリアでもセダン市場が縮小を続けており、販売台数は減少しています。

タイやベトナムなどのアジア市場でも需要は縮小しています。

(参照) 2020年第3四半期報告書

その他

1.トヨタと資本提携
2.エンジン・カラーに特徴
3.景気減速の影響で販売台数減少

まとめ

公式HP:https://www.mazda.co.jp/

最新情報をチェックしよう!
>投資・就活の基本は「企業研究」

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG