【2022年】オンコセラピー・サイエンス株式会社ってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「オンコセラピー・サイエンス株式会社ってどんな会社?」

就職偏差値:Cランク

・がん治療ワクチン創薬ベンチャー
・東大医科研からの上場
・大手製薬と開発提携

会社業績

(引用)SBI証券

・長期的に赤字が続いており、厳しい状況。

会社概要

設立2001年4月6日
資本金7億8千万円
従業員数36名
売上高332百万円

事業区分

オンコセラピー・サイエンス株式会社は主に2つのセグメントから成り立っています。

・「医薬品の研究及び開発」並びにこれらに関連する事業
・がんプレシジョン医療関連事業

就活情報

平均年収:539万(平均年齢:43.6歳)

選考

詳しい採用情報は公式HPをご覧ください。
https://www.oncotherapy.co.jp/recruit/

☟適性検査の詳しい情報はコチラから!!☟

☟就活成功までの道のりはコチラから!!☟

事業詳細

「医薬品の研究及び開発」並びにこれらに関連する事業

・医薬品の研究および開発

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2021/4~2022/3)
・提携先製薬企業から契約一時金等の受領により、事業収益は7百万円(前期比103百万円の減少)となった。
・医薬品候補物質の基礎研究、創薬研究の継続的な実施による研究開発費用の計上に加え、低分子医薬、がんペプチドワクチン、抗体医薬の3つの領域についての臨床開発進展による研究開発費用の計上を主な要因として、営業損失は1,635百万円(前期は1,130百万円の損失)となった。

がんプレシジョン医療関連事業

・がん遺伝子の大規模解析検査ならびにがん免疫療法の研究開発

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2021/4~2022/3)
・受託検査サービスによる収入等の受領により、事業収益は1,154百万円(前期比883百万円の増加)となった。
・遺伝子解析サービス(全エクソームシーケンス解析、RNAシーケンス解析、ネオアンチゲン解析等)、リキッドバイオプシー、TCR/BCRレパトア解析、免疫反応解析等の解析サービスに関する研究開発費用及び売上原価の計上を主な要因として、営業損失は48百万円(前期は293百万円の損失)となった。

研究開発

研究開発TOPIX

◎2021年度
低分子医薬
・がん幹細胞の維持に重要なリン酸化酵素(キナーゼ)であるMELK(Maternal Embryonic Leucine zipper Kinase)を標的としたOTS167については、急性骨髄性白血病に対する第Ⅰ/Ⅱ相臨床試験を米国シカゴ大学及びコーネル大学にて実施していたが、2021年11月に患者登録が終了した。
・細胞分裂に重要ながん特異的新規標的分子(TOPK)に対する複数の最終化合物を同定を行っている。
がんペプチドワクチン
・塩野義製薬株式会社にライセンスアウトしているがん特異的ペプチドワクチンS-588410について、食道がん患者さんを対象とした第Ⅲ相臨床試験を塩野義製薬株式会社が実施し、完了した。
・シンガポールのNUH(National University Hospital)並びに韓国のYonsei University Health System, Severance Hospitalにて、胃がんを対象としたがんペプチドカクテルワクチンOTSGC-A24と免疫チェックポイント阻害剤オプジーボの併用第I相試験を、医師主導治験として実施した。
抗体医薬
・がん治療用抗体医薬OTSA101については、日本における滑膜肉腫に対する第Ⅰ相臨床試験を実施している。
がん遺伝子の大規模解析検査ならびにがん免疫療法の研究開発を行う合弁会社設立
・2017年に、がん遺伝子の大規模解析検査及びがん免疫療法の研究開発を行う子会社として、CPM社を設立致した。
製薬企業、医療機関、研究機関等に対してのTCR/BCRレパトア解析サービスの提供
・次世代シーケンサーを用いてTCR/BCRレパトアを解析する方法を導入し、製薬企業、医療機関、研究機関等に対してTCR/BCRレパトア解析サービスを提供する事業を行っている。
DCワクチンコンソーシアムとの樹状細胞療法による治療法の共同研究
・大阪、福岡、東京を拠点とする3医療法人(医療法人協林会 大阪がん免疫化学療法クリニック、医療法人慈生会 福岡がん総合クリニック及び医療法人社団ビオセラ会 ビオセラクリニック)からなる樹状細胞免疫療法懇話会(DCワクチンコンソーシアム)と、当社がライセンスを保有するペプチドワクチンについて、その非独占的実施権をDCワクチンコンソーシアムに供与し、樹状細胞療法によるがん治療法の研究・開発を共同で進めている。
IMSグループとの共同研究
・IMSグループ傘下の医療法人社団明芳会、医療法人財団明理会及び株式会社アイルとの間で、リキッドバイオプシーによる、胃がん及び大腸がんの手術後のがん細胞の残存並びにがん再発の早期発見法を検討する共同研究契約を締結している。
公益財団法人がん研究会との共同研究の実施
・I公益財団法人がん研究会と、リキッドバイオプシーによるがん遺伝子変異の検出に係る共同研究を実施している。
・ネオアンチゲン予測アルゴリズム(全自動化パイプラインを含む)に関わる共同研究も実施している。
コスモ・バイオ株式会社とのペプチド合成委受託契約の締結
・コスモ・バイオ株式会社と、がん免疫療法のためのペプチド合成に関する委受託契約を締結した。

まとめ

1.がん治療ワクチン創薬ベンチャー
2.東大医科研からの上場
3.大手製薬と開発提携

参照・引用

公式HP:https://www.oncotherapy.co.jp/

就活生必見の記事

☟もっと企業研究をしたい方はコチラから!!☟

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG