【2022年】サワイグループホールディングス株式会社ってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「サワイグループホールディングス株式会社ってどんな会社?」

就職偏差値:Cランク

・大手ジェネリック医薬品メーカー
・2021年春に沢井製薬が持株会社化
・大型買収で米国本格展開

会社業績

(引用)SBI証券

・昨年より、持株会社に移行している

会社概要

設立1948年7月1日
資本金412億円
従業員数3,003名
売上高1,872億円

事業区分

サワイグループホールディングス株式会社は主に2つのセグメントから成り立っています。

・日本事業
・米国事業

就活情報

平均年収:918万(平均年齢:44.7歳)

初任給

【研究開発職】

修士了・6年制卒(月給)236,190円
博士了(月給)257,480円

【生産技術職・品質管理職】

学部卒(4年制)(月給)218,430円
修士了・6年制卒(月給)236,190円
博士了(月給)257,480円

【医薬品の営業(MR)職】

学部卒(4年制)(月給)218,430円
修士了・6年制卒(月給)236,190円
博士了(月給)257,480円

【【高専生】研究開発職】

専攻科卒(月給)218,430円

【【高専生】生産技術職・品質管理職(生産技術系職)】

本科卒(月給)194,900円
専攻科(月給)218,430円


選考

エントリー → Webテスト(SPI)  → 面接2-3回

☟適性検査の詳しい情報はコチラから!!☟

☟就活成功までの道のりはコチラから!!☟

事業詳細

日本事業

・製造した医薬品を国内の販売会社、卸売店及び他の医薬品メーカーに販売するほか、医療機関にも直接販売している。

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2021/4~2022/3)
・品質管理面においては、ジェネリック医薬品業界において重大な不祥事が発生していることから、中核会社の沢井製薬を中心に、製造管理・品質管理基準(GMP)を遵守した原薬の品質の確保、製造工場でのGMP遵守の恒常的確認による品質管理体制、国際基準であるPIC/S-GMPに基づく製造管理・品質管理を行う等の取組により、品質に係るリスクを最小限に抑えている。
・2021年6月には医療関係者の皆様が安心してご使用いただけるよう、沢井製薬の製剤製造企業に関する情報と原薬製造所の監査に関する情報を公開し、「沢井製薬の品質に対する取組紹介動画」を公開した。
・生産・供給体制面においては、ジェネリック医薬品の需要拡大とひっ迫する需給状況の中、さらなる高効率・低コストを追求しており、沢井製薬の全国6工場それぞれの特徴を活かした生産効率のアップに取り組んでいる。
・2021年10月には第二九州工場の敷地内に最終的に30億錠の生産能力となる新たな固形剤棟の建設を決定した。
・12月には小林化工株式会社(以下「小林化工」という)との間で、生産活動に係る資産及び関連部門人員を当社グループが譲り受けることで合意し、譲渡契約を締結した。
・小林化工が所有していた資産については、新たに設立したトラストファーマテック株式会社への譲受が2022年3月に完了した。今後、自社生産能力年間200億錠以上の早期確立へ向け、転籍する人材を活用しつつ取り組む。
・製品開発・販売面においては、沢井製薬が2021年6月に『エスゾピクロン錠』を含む8成分23品目を発売し、12月に『レベチラセタム錠』を含む5成分9品目が新たに薬価収載された。
・オンライン診療の認知の急速な拡大、普及とともに重要となってくるPHR(パーソナルヘルスレコード)事業に関しまして、2021年5月に株式会社インテグリティ・ヘルスケアと協業を開始した。
・10月にはインテグリティ・ヘルスケア社が提供しているPHR管理システム「Smart One Health」を、沢井製薬ブランドのパーソナルヘルスレコード(PHR)管理アプリ「SaluDi(サルディ)」として、リリースした。

米国事業

・製造した医薬品を米国の卸売店等に販売している。

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2021/4~2022/3)
・上市製品の拡充に取り組み、ジェネリック医薬品としては、2021年5月に『モキシフロキサシン点眼液』、6月に『イソトレチノインカプセル』、8月に『カルバマゼピン徐放錠』を発売した。
・同年4月に既存のコロラド州のデンバー工場につきセール・アンド・リースバック取引を行い、当該工場の製品をUSL本社敷地内に建設中の新工場に今後集約することで、品質と効率のさらなる向上に努めている。

研究開発

研究開発TOPIX

◎2021年度
・日本セグメントにおける研究開発費の総額は12,529百万円で、当連結会計年度に13成分32品目の製造販売承認を取得した。
・米国セグメントにおける研究開発費の総額は11,884百万円で、当期に販売を開始する新製品として『モキシフロキサシン点眼液』、『イソトレチノインカプセル』、『カルバマゼピン徐放錠』を発売した。

まとめ

1.大手ジェネリック医薬品メーカー
2.2021年春に沢井製薬が持株会社化
3.大型買収で米国本格展開

参照・引用

公式HP:https://www.sawaigroup.holdings/

就活生必見の記事

☟もっと企業研究をしたい方はコチラから!!☟

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG