【2022年】スター精密株式会社ってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「スター精密株式会社ってどんな会社?」

就職偏差値:Bランク

・工作機械メーカー
・自動旋盤などが収益柱

・海外比率高い

会社業績

(引用)SBI証券

・業績は3年程度でペースでの波があるが、長期的に見ると成長傾向

会社概要

設立1950年7月
資本金127億2,100万円
従業員単体:450名 連結:1442名
売上高456億7,000万円(2020年12月期)

事業区分

スター精密株式会社は主に2つの事業から成り立っています。

・特機事業
・工作機械事業

就活情報

平均年収:774(平均年齢:42.4歳)

初任給

【技術系総合職】

大学院卒(月給)238,300円
大学卒(学部卒)(月給)227,800円
高専卒(月給)185,400円

【事務系総合職】

大学院卒(月給)238,300円
大学卒(学部卒)(月給)227,800円
高専卒(月給)185,400円

選考

エントリー → Webテスト(SPI) → 面接3回

☟適性検査の詳しい情報はコチラから!!☟

 

☟就活成功までの道のりはコチラから!!☟

事業詳細

特機事業

・小型プリンターなどの製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・小型プリンターでは、部材供給の逼迫や物流の遅延による影響を受けるなか、米国市場は市況の回復に伴いmPOSやフードデリバリー向けの販売が好調に推移したことなどにより売上は大きく増加。
・欧州市場は大口案件を中心に販売は好調に推移し、また、国内市場はmPOS向けの需要が好調に推移したことから売上は大幅に増加。

工作機械事業

・CNC自動旋盤等工作機械などの製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・CNC自動旋盤では、米国市場では物流の遅延による影響を受けたものの、経済全体の回復から幅広い業種で好調に推移し、売上は大幅に増加。
・欧州市場では自動車関連を中心に販売は回復し、売上は大きく増加。
・アジア市場では中国における通信関連の好調な販売を維持したことに加え、自動車関連や医療関連などで販売は回復し、売上は大幅に増加。
・国内市場では主力の自動車関連などで販売は好調となり、売上は大きく増加。

研究開発

研究開発TOPIX

◎2020年度
特機
・サーマルレシートプリンター「TSP100Ⅳ」およびプリンター制御用ソフトウェア開発キット「StarXpand® SDK for React Native(スターエクスパンドSDK for リアクトネイティブ)」を開発。
工作機械
・主軸移動型自動旋盤のミドルレンジモデル「SL-7/10」および「SR-32JⅢ」の新製品を開発。
・機械稼動監視ソフト「SMOOSS-i(スムース-アイ)」にプログラム入出力を容易にする新機能を追加。

まとめ

1.工作機械メーカー
2.自動旋盤などが収益柱
3.海外比率高い

参照・引用

公式HP:https://www.star-m.jp/

就活生必見の記事

☟もっと企業研究をしたい方はコチラから!!☟

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG