【2023年】三菱倉庫株式会社ってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「三菱倉庫株式会社ってどんな会社?」

就職偏差値:Aランク

・大手倉庫企業
・陸上/港湾/国際一貫輸送に注力
・賃貸やマンション販売も展開

会社業績

(引用)SBI証券

・厳しい状況が続いていたが、直近の物価高を受け好調。

会社概要

設立1887(明治20)年
資本金224億円(2020年3月)
従業員連結:4,642名,単体:1,102名(2021年3月)
売上高2,137億円(2021年3月)

事業区分

三菱倉庫株式会社は主に2つの事業で成り立っています。

・物流事業
・不動産事業

就活情報

平均年収:794万(平均年齢:39.9歳)

初任給

総合職(大卒)(月給)215,000円
エリア総合職(大卒)(月給)200,000円

選考

エントリー → Webテスト(玉手箱) → 面接3回

☟適性検査の詳しい情報はコチラから!!☟

 

☟就活成功までの道のりはコチラから!!☟

事業詳細

物流事業

・倉庫事業:貨物の寄託を受けてこれを倉庫に保管し、あわせて庫入、庫出、その他の荷役を行っている。
・陸上運送事業:貨物自動車による貨物の運送、利用運送又は運送取次を行っている。
・港湾運送事業:荷主又は船舶運航事業者の委託を受け、港湾において、貨物の船舶への積込又は船舶からの取卸のほか、はしけによる運送、上屋その他荷捌場への搬入、搬出、保管等を一貫して、又は個別に行っている。
・国際運送取扱事業:国際間に輸送システムを整備し、各種輸送手段の有機的結合を図り、荷主の委託を受けて国際間の物品運送の取扱(国内における海運貨物取扱を含む。)を行っている。

◎有価証券報告書(2021/4~2022/3)
・倉庫、陸上運送、港湾運送及び国際運送取扱の各事業において貨物取扱量が回復しており、倉庫、陸上運送の両事業は、医薬品の取扱増加、自動車部品の取扱回復等により、営業収益は倉庫事業で前期比4.7%増の585億6千2百万円、陸上運送事業で同7.9%増の520億1千7百万円となった。
・港湾運送事業は、コンテナ貨物の取扱回復等により、営業収益は前期比7.6%増の229億5千万円となり、国際運送取扱事業は、輸出入貨物の取扱回復のほか海上・航空運賃単価上昇の寄与もあり、営業収益は同58.2%増の735億9千3百万円となった。
・物流事業全体の営業収益は、前期比359億8千4百万円(20.1%)増の2,152億4千万円となった。

不動産事業

・ビル等の賃貸・管理のほか、駐車場・ショッピングセンターの管理、運営、各種建築工事の設計、請負、マンション分譲を中心とする不動産販売等を行っている。

◎有価証券報告書(2021/4~2022/3)
・大阪の新規取得施設の寄与等に伴い、営業収益は前期比4.5%増の297億3千5百万円となった。
・その他の営業収益は、マンション販売事業における販売物件の増加等に伴い、前期比80.7%増の139億2千6百万円となった。
・不動産事業全体の営業収益は、前期比75億9百万円(20.8%)増の436億6千2百万円となった。

研究開発

研究開発TOPIX

◎2021年度
・特になし。

まとめ

1.大手倉庫企業
2.陸上/港湾/国際一貫輸送に注力
3.コ賃貸やマンション販売も展開

参照・引用

公式HP:https://www.mitsubishi-logistics.co.jp/

就活生必見の記事

☟もっと企業研究をしたい方はコチラから!!☟

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG