【2022年】中部鋼鈑株式会社ってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「中部鋼鈑株式会社ってどんな会社?」

就職偏差値:Dランク

・専業鋼鈑メーカー
・産業/工作機械向け主力
・国内最大級の電気炉保有

会社業績

(引用)SBI証券

・長期的に見ると、業績は右肩上がりに成長しており、今後にも期待できる。

会社概要

設立昭和25(1950)年2月15日
資本金59億700万円
従業員数400名(個別)、500名(連結)
売上高353億4000万円(2021年3月期※単独)

事業区分

中部鋼鈑株式会社は主に5つのセグメントから成り立っています。

・鉄鋼関連事業
・レンタル事業
・物流事業
・エンジニアリング事業

就活情報

平均年収:654万(平均年齢:41.3歳)

初任給

【技術系・事務総合職】

学部卒(月給)206,730円
修士了(月給)223,820円

【現業職】

短大・専門卒(月給)197,400円
高専(月給)197,400円
学部卒・修士了(月給)210,780円

選考

エントリー → マークシート → 面接3回

☟適性検査の詳しい情報はコチラから!!☟

 

☟就活成功までの道のりはコチラから!!☟

事業詳細

鉄鋼関連事業

・主原料の鉄スクラップを仕入れ、電気炉による厚板鉄鋼製品の製造、販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2021/4~2022/3)
・主原料である鉄スクラップ価格が前期を大きく上回る水準で推移し、エネルギー・諸資材価格も軒並み上昇するなどコスト面では大変厳しい環境となった。
・主需要先である産業機械・建設機械向け需要及び建築向け需要の回復を背景に、主要製品である厚板の販売数量が前期比で増加し、販売価格の値上げも浸透したことにより、収益環境は下期にかけて大きく改善した。
・売上高は617億6百万円と前連結会計年度に比べ241億9千3百万円の増収、セグメント利益(営業利益)は51億3千8百万円と前連結会計年度に比べ28億9千1百万円の増益となった。

レンタル事業

・業務用厨房向グリスフィルターのレンタル事業及び広告看板事業を行っている。

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2021/4~2022/3)
・積極的な営業活動によりグリスフィルターのレンタル枚数や厨房工事の受注が増加したことにより、売上高は6億5千8百万円と前連結会計年度に比べ1千9百万円の増収、セグメント利益(営業利益)は5千9百万円と前連結会計年度に比べ4百万円の増益となった。

物流事業

・運送・荷役事業と危険物倉庫事業を行っている。

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2021/4~2022/3)
・取引先の生産活動の落ち込みにより危険物倉庫の取扱量が減少したことから、売上高は6億4千1百万円と前連結会計年度に比べ3千3百万円の減収となったものの、コスト低減によりセグメント利益(営業利益)は2億5千8百万円と前連結会計年度に比べ1千2百万円の増益となった。

エンジニアリング事業

・鉄鋼関連設備を中心とするプラントの設計・施工及び設備保全に関するエンジニアリング事業を行っている。

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2021/4~2022/3)
・大型工事案件の減少により、売上高は13億9千2百万円と前連結会計年度に比べ1億6百万円の減収となったものの、利益率の改善によりセグメント利益(営業利益)は3千1百万円(前連結会計年度のセグメント損失(営業損失)は5千1百万円)となった。
・エンジニアリング事業に構成されていたMEITOKU ENGINEERING VIETNAM CO.,LTD.は、全出資持分を譲渡したため連結の範囲から除外している。

研究開発

研究開発TOPIX

◎2021年度
・鉄鋼関連事業において需要家ニーズに即した新商品開発に取り組んでいる。
・生産技術・設備技術並びに操業プロセスにおける自動化技術など現事業分野における市場競争力の強化に資する問題に取り組んでいる。

まとめ

1.専業鋼鈑メーカー
2.産業/工作機械向け主力
3.国内最大級の電気炉保有

参照・引用

公式HP:https://www.chubukohan.co.jp/

就活生必見の記事

☟もっと企業研究をしたい方はコチラから!!☟

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG