【2022年】住友重機械工業株式会社ってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「住友重機械工業株式会社ってどんな会社?」

就職偏差値:Aランク

・総合重機メーカー大手
・変減速機/射出成形機に強み

・がん治療装置など医療機器も展開

会社業績

(引用)SBI証券

・業績は右肩上がりで成長しており、今後にも期待できる

会社概要

設立1934(昭和9)年11月1日/住友機械製作(株)として設立
資本金308億7,165万円(2019年3月31日現在)
従業員連結:22,543名(2019年3月31日現在)
売上高連結:8,645億円(2020年3月期)

事業区分

住友重機械工業株式会社は主に6つの事業から成り立っています。

・機械コンポーネント事業
・精密機械事業
・建設機械事業
・産業機械事業
・船舶事業
・環境/プラント事業

就活情報

平均年収:771(平均年齢:42.4歳)

初任給

【技術系コース】

博士了(月給)258,790円
修士了(月給)239,040円
大学卒(月給)221,690円

【事務系コース】

博士了(月給)258,790円
修士了(月給)239,040円
大学卒(月給)221,690円

選考

エントリー → テストセンター(SPI) → 面接3回

☟適性検査の詳しい情報はコチラから!!☟

 

☟就活成功までの道のりはコチラから!!☟

事業詳細

機械コンポーネント事業

・減・変速機、モータ、インバータなどの製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・全世界的に新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、受注、売上、営業利益ともに減少。

精密機械事業

・プラスチック加工機械、レーザ加工システム、極低温冷凍機、精密位置決め装置、制御システム装置、防衛装備品、半導体製造装置、フォークリフトなどの製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・プラスチック加工機械事業は、中国の電気電子関連の需要の回復や欧米での需要の増加により受注は増加したが、受注から売上までリードタイムがあることから売上は減少。
・その他精密機械事業は、半導体関連の需要が調整局面で受注は減少したものの、受注残があったことから売上は前年並みとなり営業利益は増加。

建設機械事業

・油圧ショベル、道路機械、建設用クレーンなどの製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・油圧ショベル事業は、国内市場が堅調であったことや北米地区の需要が回復してきたことから受注は増加しましたが、受注から売上までリードタイムがあることから売上は減少し、売上の減少に加え品質コストの負担もあり営業利益も減少。
・建設用クレーン事業は、北米地区の需要が回復してきたものの新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け需要が減少したことから、受注、売上、営業利益ともに減少。

産業機械事業

・加速器、医療機械器具、鍛造プレス、運搬荷役機械、物流システム、駐車場システム、産業用タービン、ポンプなどの製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・運搬機械事業は、電力・港湾向けの需要や物流システムが堅調であったことから受注は増加し、受注残があったことから売上、営業利益も増加。
・その他産業機械事業は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、受注、売上、営業利益ともに減少。

船舶事業

・船舶の製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・船舶事業は引き続き低迷していますが、当期は前期と同じ3隻の新造船を受注した。

環境/プラント事業

・ボイラ、大気汚染防止装置、水処理装置、産業廃棄物処理設備、反応容器、食品機械などの製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・エネルギープラント事業は、国内や欧州でバイオマス発電設備の大型案件を受注したことなどから受注は増加し、主に国内で受注残があったことから売上、営業利益ともに増加。
・水処理プラント事業は、排水処理装置の案件が前期に比べ減少したことなどから受注は減少。

研究開発

研究開発TOPIX

◎2020年度
機械コンポーネント
・「AGV(自動搬送車)用ドライブソリューションsmartris(スマートリス)」を市場投入。
・ギヤモータの故障を未然に検知する「ギヤモータ状態監視システムS-CMS」を市場投入。
精密機械
プラスチック加工機械
・超高速全電動射出成形機「SEEV-A-SHRシリーズ」を市場投入しました。これまでに発売した型締力500,2200,2800kNの3機種に、型締力1000,1300,1800,3500,4500kNの5機種を新しく追加し、全8種類のフルラインアップでお客様の様々な用途に対して最適な機種を提供。

フィルム加工機械
・液晶ポリマー(LCP)対応のインフレーション装置を市場投入しました。同装置では、LCPを安定的にフィルム成形する技術を実現。

精密機器
・超電導マグネット冷却用途の4K-GM冷凍機と組み合わせて使用する、空冷圧縮機「FA-50シリーズ」を市場投入。

レーザ加工システム
・「Z‘eye(ゼット・アイ)シリーズ」を市場投入。

制御システム
・スマート駆動システム「System MXs」を市場投入。

クーラント処理装置
・マグネットを利用した新用途への適用や機能向上製品の市場投入。

精密研削盤
・環境に配慮したクーラント飛散防止カバーや自動化機能の付加などを進めている。

建設機械
油圧ショベル
・特定特殊自動車排出ガス規制(オフロード法)2014年基準に適合し、低燃費と作業性を高次元で両立させた7.5tクラスの後方超小旋回機「SH75X-7」及び同超小旋回機「SH75XU-7」を市場投入。

道路機械
・欧州ノンロードディーゼル第5次排出ガス規制(StageⅤ)に対応した最大舗装施工幅6mのクローラ式アスファルトフィニッシャ「HA60C-11」を市場投入。

産業機械
産業機器
・「BNCT治療システムNeuCure」並びに「BNCT線量計算プログラムNeuCureドーズエンジン」が、日刊工業新聞社主催の第63回「十大新製品賞」において、日本力(にっぽんぶらんど)賞を受賞。

蒸気タービン
・市場の高効率化要求に対応し、高圧段へ反動翼を搭載した復水タービンの初号機を受注。

搬送システム
・各種運搬荷役機械のリアルタイム監視と故障診断復旧支援から保守・操業管理支援に至る統合型の遠隔監視システムとして「SIRMS」を開発し、サービスの提供を開始。

船舶
・中期的なタンカー市場の変化に対応し、かつ、厳しい新環境規則や新燃料にも適合した顧客収益性の高い「中型タンカー」が好評を得ている。

・新燃料についてはLNG、メタノール燃料船に対する船級の設計基本承認(AIP)を取得済み。
環境・プラント
水環境プラント
・民間工場排水処理設備のリノベーションとして、昨年度上市した「エアロインパクト」を納入。

化工機
・中~高粘度液の微粒子製造装置「NANOVisK」が、ファインケミカル分野等で着実に使用拡大している。

まとめ

1.総合重機メーカー大手
2.変減速機/射出成形機に強み
3.がん治療装置など医療機器も展開

参照・引用

公式HP:https://www.shi.co.jp/index.html

就活生必見の記事

☟もっと企業研究をしたい方はコチラから!!☟

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG