【2022年】山喜株式会社ってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「山喜株式会社ってどんな会社?」

就職偏差値:Cランク

・紳士用ドレス/カジュアルシャツ大手
・バングラデシュなど海外生産強化

・在宅勤務シャツ販売に注力中

会社業績

(引用)SBI証券

・業績は右肩下がりで、直近は赤字と苦しい状況

会社概要

設立1953年(昭和28年)7月22日
資本金33億5,522万円
従業員連結:1,758名(2021年3月末)
売上高連結:103億円(2021年3月期)

事業区分

山喜株式会社は単一セグメントから成り立っています。

・シャツ製造販売事業

就活情報

平均年収:363(平均年齢:33.6歳)

現在新卒採用を行っていません。

☟適性検査の詳しい情報はコチラから!!☟

 

☟就活成功までの道のりはコチラから!!☟

事業詳細

シャツ製造販売事業

・ドレスシャツ、カジュアルウエア、レディースシャツの卸売、小売事業およびそれに付随する物流事業、不動産賃貸を行っている。

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/3~2021/2
・在宅勤務やテレワーク等の働き方改革の加速で、ライフスタイルがカジュアルなニュー・ワーク・スタイルに変化し、外出自粛等の影響で巣ごもり消費が増えていることから、ドレスシャツ事業ではカジュアルな商品提案を強化し、売上のシェア拡大に努めた。
・百貨店における既製ドレスシャツ、オーダーシャツを合わせた当社シェアは、前連結会計年度末68%から当連結会計年度末は72%まで拡大することができ、量販店においても、シャツコンセ店舗を68店舗から80店舗まで拡げることができた。
・ネット購入の拡大が急速に進む中、上記店頭販売とネット販売のオムニチャネル化を最重要事業と位置づけ、販売促進を強化した結果、ネット販売の売上は前年同期比118%と好調に推移。
・差別化商品の開発提案力を向上させるため、当社の企画開発力、技術開発力を更に強化し、ドレスシャツ事業、カジュアル事業、レディース事業におけるODM・OEMの受注拡大に注力。
・専門店、量販店においては、ビジネスアイテムの不振によるドレスシャツの受注減を、カジュアルやレディースのアイテムでカバーすべく、シャツジャケット、シャツワンピース、カットソー・アイテム等の受注獲得に努めた。
・生産部門では、シャツ生地を使用したウイルス感染予防マスクの受注および100万枚を超える医療用ガウンの受注生産に伴い、ユニフォーム事業まで営業活動を拡げた結果、官公庁の制服、企業制服や医療用制服等の新規取引先による受注が増加。
・大幅な減収対策として、営業部門では、直営店の閉鎖や子会社の株式譲渡等の不採算事業の撤退および期中での仕入抑制と在庫販売を強化し、製品在庫は前年度より4億38百万円減少。

研究開発

研究開発TOPIX

◎2020年度
・特になし

まとめ

1.紳士用ドレス/カジュアルシャツ大手
2.バングラデシュなど海外生産強化
3.在宅勤務シャツ販売に注力中

参照・引用

公式HP:https://www.e-yamaki.co.jp/

就活生必見の記事

☟もっと企業研究をしたい方はコチラから!!☟

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG