【2021年】日本トムソン株式会社ってどんな会社?【就活生・転職者必見/企業研究】

「日本トムソン株式会社ってどんな会社?」

就職偏差値:Cランク

・中堅ベアリングメーカー
・直動案内機器が主力

・『IKO』というブランドで展開

会社業績

(引用)SBI証券

・来期は持ち直す見通しだが、直近は業績を落としている。

会社概要

設立1950年
資本金95億3,317万390円
従業員2,232名/グループ合計(2020年3月時点)
売上高(連結)474億5,700万円(2020年3月期実績)

事業区分

日本トムソン株式会社は主に1つのセグメントから成り立っています。

・軸受等ならびに諸機械部品事業

・単一のセグメントで成り立っている

就活情報

平均年収:573(平均年齢:39.3歳)

初任給

修士了 月給234,000円
学部卒 月給216,400

選考

エントリー → Webテスト(GAB) → 面接3回

事業詳細

軸受等ならびに諸機械部品事業

・針状ころ軸受および直動案内機器等(以下、「軸受等」といいます。)ならびに諸機械部品の製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・新型コロナウイルス感染症拡大による期前半の需要減速が影響し、低調に推移
・諸機械部品は、一般産業機械向けの需要が減少
・国内売上高はエレクトロニクス関連機器向けは堅調に推移しましたが、工作機械向けが低調に推移
・海外売上高は、米州・欧州では代理店向けが低迷したものの、中国では経済活動再開以後、設備投資需要が急回復

研究開発

研究開発TOPIX

◎2020年度
・お客様ニーズに即した高付加価値製品の開発を使命として、当社のブランドである『IKO』が意味するところの、常に当社の製品が、革新的で(Innovation)、高度な技術に立脚し(Know-how)、そして創造性に富む(Originality)製品であるよう、全社を挙げて取り組む
・製品開発センター、技術センターおよび生産技術部が中心となって、製品開発、素材研究等を推進
・部門および各工場と、お客様ニーズを素早く捉える営業技術部門との相互連携により、永年培った軸受製造技術と精密加工技術をベースに、新製品の開発はもとより、地球環境に配慮し、環境負荷を低減する製品開発にも取り組む

まとめ

1.中堅ベアリングメーカー
2.直動案内機器が主力
3.来期は持ち直す見通しだが、直近は業績を落としている

参照・引用

公式HP:https://www.ikont.co.jp/

おすすめ‼逆オファーサイト「キミスカ」

就活生として一歩リードしたいあなた、1分で登録できる無料サイト「キミスカ」に登録しよう‼

詳しくは下のサイトをチェック‼

【無料お得サイト】待ってるだけで選考がすすむ!?【キミスカ】

【2021年重工業/機械】【有価証券報告書まとめ】みんな知ってる?日本の優良重工業/機械メーカー【企業就職偏差値】

 

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG