【2022年】日本精線株式会社ってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「日本精線株式会社ってどんな会社?」

就職偏差値:Cランク

・ステンレス鋼線メーカー
・ステンレス線2次加工でトップ
・ばね/ネジ/金網など幅広く展開

会社業績

(引用)SBI証券

・長期的に見ると、業績は右肩上がりに成長している。

会社概要

設立1951(昭和26)年6月30日
資本金50億円
従業員単独:596名 連結:869名
売上高単独:314億9,000万円 連結:341億800万円

事業区分

日本精線株式会社は主に2つのセグメントから成り立っています。

・日本事業
・タイ事業
・中国/韓国事業

就活情報

平均年収:673万(平均年齢:42.4歳)

初任給

大学卒(月給)209,500円
大学院卒(月給)225,500円

 

選考

エントリー → Webテスト → 面接3回

☟適性検査の詳しい情報はコチラから!!☟

 

☟就活成功までの道のりはコチラから!!☟

事業詳細

日本事業

・ステンレス鋼線・金属繊維(ナスロン)などの製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2021/4~2022/3)
・生産面では、新設の製品倉庫が本格稼働したほか、ばね用材の増産投資によって高機能・独自製品の上方弾力を確保した。
・金属繊維部門では老朽化した製造装置に対するリフレッシュ投資を推し進め、安定した生産基盤の確保と品質向上を図った。
・販売面では、ステンレス鋼線部門及び金属繊維部門とも需要の強さが継続しており、売上高は399億58百万円(前期比26.9%増)となった。
・極細線や超精密ガスフィルター(NASclean®)といった高機能・独自製品の販売も堅調に推移したことから、セグメント利益は41億46百万円(同83.8%増)となった。

タイ事業

・ステンレス鋼線・金属繊維(ナスロン)などの製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2021/4~2022/3)
・電磁SUSや極細線など、高機能・独自製品の生産・販売が堅調に推移したことから、売上高は56億97百万円(前期比59.3%増)、セグメント利益は3億59百万円(同135.7%増)となった。

中国/韓国事業

・ステンレス鋼線・金属繊維(ナスロン)などの製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2021/4~2022/3)
・ステンレス鋼線、化合繊維向けナスロン®フィルターとも需要が回復し、売上高は13億11百万円(前期比39.2%増)、セグメント利益は1億39百万円(同268.1%増)となった。

研究開発

研究開発TOPIX

◎2021年度
ステンレス鋼線
・超高強度ばね材(商品名:ハーキュリーEH)の開発。
・高強度導電ばね材(商品名:エレメタル e-Fine)の開発。
・高強度高耐熱材料(商品名:タフステン)の開発。
・耐水素脆性ばね材(商品名:ハイブレム-エス)の開発。
・高精度スクリーン用極細線の開発。
・医療用ステンレス鋼線(商品名:INS304V)の開発。
・2相系ステンレス鋼線の開発。
・耐熱ばね材の開発。
・耐熱ボルト材の開発。
・高耐熱溶接材の開発。
金属繊維
・半導体プロセスガス用小型精製器の開発。
・ポリマー用高機能複合フィルターの開発。
・半導体ガス用高耐食低圧損フィルターの開発。
・半導体プロセスガス用超高精度フィルターの開発。
その他
・水素分離膜モジュールの開発。
・水素貯蔵回収モジュールの開発。
・水素吸蔵モジュールの開発。
・環境対応車(xEV)への磁性材料、及び抵抗材料による用途開発。

まとめ

1.ステンレス鋼線メーカー
2.ステンレス線2次加工でトップ
3.ばね/ネジ/金網など幅広く展開

参照・引用

公式HP:https://www.n-seisen.co.jp/

就活生必見の記事

☟もっと企業研究をしたい方はコチラから!!☟

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG