【2022年】昭和パックス株式会社ってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「昭和パックス株式会社ってどんな会社?」

就職偏差値:Cランク

・クラフト紙袋のトップメーカー
・石化業界の輸出用途に強み
・ビニールハウスなどフィルムも展開

会社業績

(引用)SBI証券

・長期的に見ると、業績は右肩上がりだが、直近は伸び悩んでいる。

会社概要

設立1935年12月20日
資本金6億4,050万円
従業員数485名(2022年3月末現在)
売上高159億円

事業区分

昭和パックス株式会社は主に4つの事業から成り立っています。

・重包装袋事業
・フィルム製品事業
・コンテナー事業

就活情報

平均年収:529万(平均年齢:34.4歳)

初任給

大学卒(月給)211,100円
大学院卒(月給)221,350円
専門・高専卒(月給)191,230円

選考

エントリー → 適性検査 → 面接複数回

☟適性検査の詳しい情報はコチラから!!☟

 

☟就活成功までの道のりはコチラから!!☟

事業詳細

重包装袋事業

・石油化学製品用袋、セメント・窯業用袋、化学薬品用袋、農産物用袋、肥料用袋、食品用袋等の製造・販売

◎有価証券報告書(2021/4~2022/3)
・重包装袋セグメントの主力製品であるクラフト紙袋の当連結会計年度の業界全体の出荷数量(ゴミ袋を除く)は前期に対し2.3%の増加となった。
・前連結会計年度の落込みから化学薬品、合成樹脂の工業用途が大きく回復したほか、石灰やその他鉱産物の鉱産物用途、製粉、砂糖や塩の食品用途の一部も回復したが、米麦用途、セメント用途等が前連結会計年度からさらに減少した。
・クラフト紙袋の売上数量(ゴミ袋を除く)は前期比で4.2%の増加だった。
・主力の合成樹脂用途や化学薬品用途が業界と同様に大きく回復し、製粉や飼料の用途も増加した。
・ポリエチレン重袋の売上数量は主要な用途である肥料用のほか化学品用が回復し、前連結会計年度から8.7%の増加、中型袋も5.5%増加した。
・クラフト紙袋の主原料であるクラフト紙の価格は、当連結会計年度期間中は大きな変動はなかったが、値上がり気配が強まった。

フィルム製品事業

・熱収縮包装用フィルム、パレット包装用フィルム、農業用フィルム、二次加工用フィルム等の製造・販売

◎有価証券報告書(2021/4~2022/3)
・当連結会計年度における低密度ポリエチレンフィルム製品の業界の出荷数量は、前連結会計年度から産業用、農業用ともに増加した。
・フィルム製品の売上数量は、産業用は前期比で9.3%の増加でしたが、農業用は3.5%の減少で、合計では4.6%の増加となった。
・産業用では、一般広幅ポリエチレンフィルム、アスベスト隔離シート、マスキングフィルム用HQF、熱収縮フィルム「エスタイト」、農業用では牧草ストレッチフィルムが数量を伸ばしたが、農業ハウス用フィルムが減少した。
・原材料であるポリエチレン樹脂とポリスチレン樹脂は、原油およびナフサ価格の上昇を受けて前連結会計年度終盤から値上がりし、いまだに下げる気配が見られない。

コンテナー事業

・フレキシブルコンテナー、バルクコンテナー等の製造・販売

◎有価証券報告書(2021/4~2022/3)
・粒状内容物のバルク輸送用ワンウェイ・フレコンは、業界の出荷数量は、国内生産品と海外生産品の合計で、前期からほぼ横ばいであった。
・化学工業品、窯業土木品、食品用途が前期より増加、飼料用途が減少した。
・合成樹脂用途は海外生産品が減少して全体でも減少した。
・ワンウェイ・フレコン「エルコン」の売上数量は、4~9月期は米用途の受注増加で、10~3月期は合成樹脂、化学品の生産復調で、いずれも前連結会計年度同期の数字を上回り、累計では9.7%増加した。
・大型ドライコンテナー用インナーバッグ「バルコン」、液体輸送用コンテナーライナー「エスタンク」、液体輸送用1,000ℓポリエチレンバッグ「エスキューブ」はいずれも前期から減少となった。

研究開発

研究開発TOPIX

◎2021年度
重包装袋
・東京工場及び亀山工場の生産設備を更新したことにより、生産性や品質に大幅な向上が見られましたため、新たに設備更新を計画している
・AIを使用した画像検査装置を当連結会計年度の期首から両底ボトマーにて運用を開始している。
フィルム製品
・飲料缶輸送包装シュリンクフィルムや、マットレス包装用フィルム等、新規顧客向けへの販売を開始しました。マスキング用フィルムにおいては、屋外でも使用可能な製品の開発を進めている。
・プラスチックに対する環境問題への対応が世界的課題となっていることを鑑み、フィルムの薄肉化や、バイオマス由来の原料を使用したフィルム等、環境に配慮した製品の開発に取り組んで
コンテナー品
・1,000ℓ液体輸送用容器内袋「エスキューブ」の製造で培ってきたノウハウを活かし、バイオ医薬品向けのシングルユースバッグ大型容器用内袋の販売を開始した。
・20フィート粉粒体輸送用コンテナー内袋「バルコン」において、輸送テストを行いながら改良を重ね、新規顧客獲得に向けて活動している。

まとめ

1.クラフト紙袋のトップメーカー
2.石化業界の輸出用途に強み
3.ビニールハウスなどフィルムも展開

参照・引用

公式HP:http://www.showa-paxxs.co.jp/

就活生必見の記事

☟もっと企業研究をしたい方はコチラから!!☟

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG