【2022年】株式会社キムラタンってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「株式会社キムラタンってどんな会社?」

就職偏差値:Cランク

・子供服の製造卸メーカー
・2022年4月不動産会社買収し不動産賃貸との二本柱

・不振の服飾店舗は縮小

会社業績

(引用)SBI証券

・長期的に赤字経営が続いており、かなり厳しい状況

会社概要

設立1964年12月
資本金2,198,515,478円
従業員421名(契約・パートタイム297名含む)
売上高連結:471億円(2021年3月期)

事業区分

株式会社キムラタンはほぼ単一セグメントから成り立っています。

・アパレル事業

就活情報

平均年収:392(平均年齢:45.7歳)

現在新卒採用を行っていません。

☟適性検査の詳しい情報はコチラから!!☟

 

☟就活成功までの道のりはコチラから!!☟

事業詳細

・アパレル事業

・ベビー・子供服、その他衣料雑貨等の自社企画・設計による高価値・お手頃価格の製品を中心に、国内においては、GMS(総合スーパー)や百貨店等におけるインショップ(得意先売場内の自社ブランドコーナーにおいて、自社販売員が消費者に接客販売を行い、店頭在庫の管理も自社販売員が行う形態)の運営、専門店への卸販売と直営店・ネット通販による消費者への直接販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3
・既存店ベースの売上高は、Baby Plazaでは前年同期比9.5%減、BOBSONショップでは同9.8%減。
・4-5月の緊急事態宣言発出中は、店舗の休業と外出自粛により既存店売上高は前期比で約半減と非常に厳しい状況。
・気温の上昇とともに夏物衣料や雑貨類の販売が好調となり、秋冬物についても10月には全国的に冷え込みが強まり堅調な推移。
・11月頃より新型コロナウイルスの感染者数は大幅に増加、2021年1月-3月には2度目の緊急事態宣言により再度来店客数の減少が見られる等、総じて厳しい推移。
・テナントショップでは、インショップ業態と比べ出店先のショッピングモールが臨時休業となった店舗の割合が大きく、緊急事態宣言解除後もお客様の戻りは緩慢で、既存店売上高は、前年同期比20.5%減と一段と厳しい結果。
・出退店については、収益改善に向けた不採算店舗の閉鎖を含む43店舗の退店(Baby Plaza26店舗、BOBSONショップ13店舗、テナントショップ4店舗)を実施。店舗運営の効率・収益性の向上を図るべく集客の見込める好立地への出店を推進し、既存のBaby Plaza、BOBSONショップに加えて、新たに百貨店販路向けたn.o.u.sショップを開発。

研究開発

研究開発TOPIX

◎2020年度
・特になし

まとめ

1.子供服の製造卸メーカー
2.2022年4月不動産会社買収し不動産賃貸との二本柱
3.不振の服飾店舗は縮小

参照・引用

公式HP:https://www.kimuratan.co.jp/

就活生必見の記事

☟もっと企業研究をしたい方はコチラから!!☟

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG