【2022年】株式会社セゾン情報システムズってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「株式会社セゾン情報システムズってどんな会社?」

就職偏差値:Bランク

・セゾン系システムインテグレーション
・ファイル転送ミドルウェア『HULFT』が収益柱

・システム開発/情報処理などを展開

会社業績

(引用)SBI証券

・安定した営業利益を出している

会社概要

設立1970年9月1日
資本金13億6,768万7,500円
年間売上224億9,974万円(2021年3月期 連結)
社員714名(2021年3月末現在 連結)

事業区分

株式会社セゾン情報システムズは主に4つのセグメントから成り立っています。

・HULFT事業
・リンケージ事業
・流通ITサービス事業
・フィナンシャルITサービス事業

就活情報

平均年収:723万(平均年齢:42.1歳)

初任給

大学院卒:220,000円 大学卒:211,500円
専攻科卒:211,500円 本科卒:194,000円
専門卒 :190,000円

選考

エントリー → Webテスト → 面接2回

☟適性検査の詳しい情報はコチラから!!☟

 

☟就活成功までの道のりはコチラから!!☟

事業詳細

HULFT事業

・データ連携プラットフォーム「HULFT」製品群の販売・サポートサービス等の提供

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・国内におけるデータ連携のデファクトスタンダードである主力製品「HULFT」の累計出荷本数は、前連結会計年度末から約8,000本増加し約221,900本となり、導入社数は前連結会計年度末から約420社増加し10,520社を超えた
・売上高は、「HULFT」「DataSpider」等のサポートサービスが増加したものの、サーバ向け基本ソフトウェア(OS)等の他社製品のサポート終了に伴う一過性のリプレース需要が一段落した影響を受けたことに伴い、8,398百万円(前連結会計年度比2.1%減)
・営業利益は、イベント・商談のオンライン化、営業活動品質・生産性向上等に伴う販売費及び一般管理費の減少等に伴い、2,468百万円(同5.3%増)

リンケージ事業

・製品群を活用し、経営・業務のDX化を支援する「モダンマネジメントサービス」、DXプラットフォームを提供する「データ連携基盤構築サービス」、財務・経理のDX化を支援する「モダンファイナンスサービス」等の提供

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・強みである「HULFT」「DataSpider」を活用し、企業内・企業間のシステムやデータと有力SaaSをつなぐことで、お客様業務の効率化、経営情報の可視化による意思決定支援及び経営刷新に繋げるサービスを展開
・経営・業務のDX化を支援する「モダンマネジメントサービス」、DXプラットフォームを提供する「データ連携基盤構築サービス」、財務・経理のDX化を支援する「モダンファイナンスサービス」の3つのサービスで構成
・売上高は、データ連携基盤構築サービスを中心に新規顧客の契約数増加及び既存顧客との取引拡大が進展したこと等に伴い、1,371百万円(同11.3%増)
・今後の事業拡大を目指した人員増加等に伴う販売費及び一般管理費の増加等に伴い、525百万円の営業損失(前連結会計年度は13百万円の営業損失)

流通ITサービス事業

・流通小売業のシステム開発から運用を担ってきた実績と先端技術を駆使し、流通小売・航空・生保損保等の幅広いお客様に向けたDX化支援

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・流通ITサービス事業は、流通小売業のシステム開発等で培った強みをベースに事業展開
・リンケージ事業を分離独立したが、既存のお客様を中心に業務改善やパブリッククラウド化へのインフラ環境構築等、新しい技術を適用したサービスを提供
・売上高は、お客様の業務改善に向けたデジタル化支援等が進展したものの、システム開発案件が減少したことに伴い、3,212百万円(前連結会計年度比14.8%減)
・営業利益は、売上高の減少に伴い、165百万円(同57.1%減)

フィナンシャルITサービス事業

・クレジットカード会社のシステム開発から運用を担ってきた実績と先端技術を駆使し、金融業界に向けたDX化支援

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・クレジットカード会社のシステム開発から運用まで担ってきた実績と先端技術を駆使し、金融業界におけるDX化支援に取り組んでいる
・既存領域が今後縮小傾向にあると想定され、当社の強みを活かし、お客様のDX化実現に向け、パブリッククラウド化へのインフラ環境構築や業務改善・効率化及びRPA活用支援等、新しい技術を活用した新規サービス提供
・売上高は、上記新規サービス提供が進展したものの、既存領域におけるシステム運用案件が減少したこと等に伴い、9,553百万円(同4.8%減)
・営業利益は、売上高の減少に伴い、1,050百万円(同18.6%減)

研究開発

研究開発TOPIX

◎2020年度
・強みである“つなぐ”技術をキーにした新技術・新市場への新たな製品・サービスの創出を推進
・リンケージビジネス、HULFT製品及びクラウド技術の活用を通じた、次世代グローバルリンケージサービスプラットフォーム「HULFT Square」をはじめとした新たなサービス構築に取り組んだ

まとめ

1.セゾン系システムインテグレーション
2.ファイル転送ミドルウェア『HULFT』が収益柱
3.システム開発/情報処理などを展開

参照・引用

公式HP:https://home.saison.co.jp/

就活生必見の記事

☟もっと企業研究をしたい方はコチラから!!☟

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG