【2022年】株式会社タカキューってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「株式会社タカキューってどんな会社?」

就職偏差値:Cランク

・紳士衣料品小売り
・重衣料が柱

・イオン系で家族向け展開

会社業績

(引用)SBI証券

・業績は右肩下がりで、直近は赤字と苦しい状況

会社概要

設立昭和25年6月30日
資本金1億円
従業員548名
売上高146億円

事業区分

株式会社タカキューは単一セグメントから成り立っています。

・衣料品関連事業

就活情報

平均年収:367(平均年齢:40.8歳)

現在新卒採用は行っていません。

☟適性検査の詳しい情報はコチラから!!☟

 

☟就活成功までの道のりはコチラから!!☟

事業詳細

衣料品関連事業

・衣料品の修理・加工・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/3~2021/2
・前事業年度より推進している事業構造改革を継続し、更に当事業年度を商売の復活に向けた仕組みの構築を実行する1年と位置づけ、革新的な商品やサービスを迅速に発信し、業績の回復に向け各施策に取組んだ。
・営業面では、現場の販売強化策として、商品価値の最大化とコーディネイトや品揃え変化の訴求、リモートワークスタイルなど多様化するビジネススタイルに対応した「魅せる売り場づくり」に注力。
・デジタル改革では、Eコマースの売上拡大に向けて、モバイルアプリをリニューアルし、オンラインショップとの連携を高める等、利便性の向上とコンテンツの充実を実現。新しい接客スタイルとして店舗スタッフがコーディネイトした商品をWEB上で購入できる「STAFF START」を開始。会員制度を整理統合し、タカキューポイントの導入等、会員特典をより魅力ある内容に見直すことで、会員数の拡大と再来店の促進に努めた。
・店舗では、Eコマース専用クーポンの配布やメール送信、Eコマースでは、商品の発送時に店舗専用クーポンを添付する等、オムニチャネル化の推進に取組んだ。
・商品面では、クリエイティブディレクターの起用でMDプロセスを刷新したほか、はたらくヒトを応援する服「THE 3rd WARDROBE」の商品強化や、デジタル技術を駆使し体のサイズを測る「サイズテック」事業としての新業態「redro」を立ち上げ、オーダーシャツ販売を開始。
・新型コロナウイルス感染症対策としてファッション性と機能性のある各種マスク、抗菌・抗ウイルス素材を使用したスーツ、日常を楽しむための雑貨品等、新しい生活様式に相応しい品揃えに注力。
・新型コロナウイルス感染症拡大による外出自粛等の影響に加え、第2四半期の梅雨明けの遅れや豪雨被害、第3・第4四半期の暖秋・暖冬や地震被害もあり、当事業年度の既存店売上高前期比は、31.7%減。

研究開発

研究開発TOPIX

◎2020年度
・特になし

まとめ

1.紳士衣料品小売り
2.重衣料が柱
3.イオン系列で家族向け展開

参照・引用

公式HP:https://online.taka-q.jp/shop/default.aspx

就活生必見の記事

☟もっと企業研究をしたい方はコチラから!!☟

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG