【2022年】株式会社中山製鋼所ってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「株式会社中山製鋼所ってどんな会社?」

就職偏差値:Cランク

・日本製鉄系の鉄鋼メーカー
・鋼板/棒線を展開
・自社電気炉と高炉で培った圧延技術に強み

会社業績

(引用)SBI証券

・2018年の米中貿易摩擦以降は業績が下降傾向だったが、金属価格の高騰により回復傾向

会社概要

設立1919年8月
資本金200億4477万円
従業員数566名(2022年1月時点)
売上高757億9000万円(2021年度)

事業区分

株式会社中山製鋼所は主に3つのセグメントから成り立っています。

・鉄鋼事業
・エンジニアリング事業
・不動産事業

就活情報

平均年収:675万(平均年齢:38.2歳)

初任給

大学院修士課程了(月給)234,000円
大学卒(月給)209,500円
高専卒(月給)184,500円

 

選考

エントリー → 適性検査/小論文 → 面接1回

☟適性検査の詳しい情報はコチラから!!☟

 

☟就活成功までの道のりはコチラから!!☟

事業詳細

鉄鋼事業

・鉄鋼製品の製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2021/4~2022/3)
・前連結会計年度に比べて販売数量の増加や原料などの高騰に伴う販売価格の上昇により増収となった。
・利益面では、スクラップ、鋼片や合金鉄などの主副原料価格の上昇やエネルギーコストの増加などがあったが、販売数量の増加、販売価格の上昇、鉄源調達の多様化などによる収益効果がそれらを上回り、前連結会計年度に比べて増益となった。

エンジニアリング事業

・国内シェアの過半を占める鋼製魚礁の製造・販売のほか、ロールの製造・販売及び機械の加工・組立等を行っている。

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2021/4~2022/3)
・前期に比べて海洋部門及び建設部門の受注が増加したことなどにより、売上高は17億78百万円(前期比2億9百万円増)、経常利益は58百万円(前期比88百万円の増益)となった。

不動産事業

・不動産の賃貸・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2021/4~2022/3)
・賃貸収入を中心に安定した収益を確保し、売上高は7億76百万円(前期比60百万円減)、経常利益は5億円(前期比59百万円の減益)となった。

研究開発

研究開発TOPIX

◎2021年度
・多様化・高度化する顧客ニーズへの対応、鉄に関連した複合材の高付加価値化、新規事業化をめざして研究開発活動を行っている。
・海洋事業においては、水産庁の漁場整備方針「水産環境整備(水産資源の増大及び豊かな生態系の維持・回復)」に対応し、そのニーズに応えるべく浅海域の藻場礁やアオリイカ等の産卵礁の開発を地元自治体及び大学(水産系)と連携して進めている。

まとめ

1.日本製鉄系の鉄鋼メーカー
2.鋼板/棒線を展開
3.自社電気炉と高炉で培った圧延技術に強み

参照・引用

公式HP:https://www.nakayama-steel.co.jp/

就活生必見の記事

☟もっと企業研究をしたい方はコチラから!!☟

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG