【2022年】株式会社FUJIってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「株式会社FUJIってどんな会社?」

就職偏差値:Bランク

・自動装着装置のトップメーカー
・高速機に強み

・自動車部品用工作機械も展開

会社業績

(引用)SBI証券

・業績は右肩上がりで成長しており、今後にも期待できる

会社概要

設立1959年4月7日
資本金58億7,800万円
従業員1,712名(2021年3月末時点)
売上高1,138億8,600万円(2021年3月期/単独)

事業区分

株式会社FUJIは主に2つの事業から成り立っています。

・ロボットソリューション事業
・マシンツール事業

就活情報

平均年収:702(平均年齢:42.8歳)

初任給

【技術職(設計・開発職)】

博士了(月給)237,400円
修士了(月給)234,400円
大卒(月給)216,800円
高専卒(専攻科卒)(月給)216,800円
高専卒(本科卒)(月給)191,600円

一般職

大卒(月給)208,600円
短大卒(月給)181,600円

選考

エントリー → マークシート(CUBIC) → 面接3回

☟適性検査の詳しい情報はコチラから!!☟

 

☟就活成功までの道のりはコチラから!!☟

事業詳細

ロボットソリューション事業

・電子部品実装ロボット、半導体製造装置などの製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・新型コロナウイルスの感染対策として世界各国で普及したテレワークなどの新たなライフスタイルの定着を追い風に、中国・その他アジア地域からのパソコン、サーバー、さらにはこれら電子機器製造に欠かせない電子部品生産用の設備需要増に加え、主力市場である通信機器関連も引き続き底堅く推移。
・ソフトウェアや基幹ユニットの品質向上に加え、新規顧客獲得やソリューション営業の推進に努め、マーケットシェアの拡大に取り組んだ。
・車載関連を中心とする欧米市場では新型コロナウイルスの感染拡大による経済停滞の影響を受け軟調に推移し、事業としては減収。

マシンツール事業

・工作機械などの製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・新型コロナウイルス感染症の再拡大による経済活動の制限、さらには自動車業界の低迷などの影響により、日本国内・海外市場共に設備投資に対し慎重な姿勢が続いた。

研究開発

研究開発TOPIX

◎2020年度
ロボットソリューション
・主力機種NXTシリーズをはじめとする電子部品実装ロボットのさらなる機能強化及び次期戦略機の市場投入に向けた開発。
・電子部品実装工程の全自動化を目指し、世界初の自動部品補給システムを搭載したハイエンドモデルNXTRの開発に引き続き注力。
マシンツール
・工作機械の切削および自動化における高い技術を集結させたロボット付き複合加工機「GYROFLEX T4000」の開発。
・正面2スピンドル旋盤CSシリーズをはじめとする機種のさらなる機能強化に向けた開発等に注力。

まとめ

1.自動装着装置のトップメーカー
2.高速機に強み
3.自動車部品用工作機械も展開

参照・引用

公式HP:https://www.fuji.co.jp/

就活生必見の記事

☟もっと企業研究をしたい方はコチラから!!☟

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG