【2022年】株式会社 ジーエス・ユアサ コーポレーションってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「株式会社 ジーエス・ユアサ コーポレーションってどんな会社?」

就職偏差値:Bランク

・鉛蓄電池で世界2位
・車載用/産業用電池電源が主力

・車載用リチウムイオン電池に注力

会社業績

(引用)SBI証券

・コロナウイルス感染拡大の影響も受けず、安定した業績をあげている

会社概要

設立2004年4月1日(事業歴は約100年)
資本金330億円
従業員数3,474名 (※2020年3月末、事業会社含む)
13,542名(※2020年3月末、関係会社含む)
売上高(連結)3,955億5,300万円(※2020年3月期実績)

事業区分

株式会社 ジーエス・ユアサ コーポレーションは主に5つの事業から成り立っています。

・自動車電池国内事業
・自動車電池海外事業
・産業用電池電源事業
・車載用リチウム電池事業

就活情報

平均年収:857万(平均年齢:55.0歳)

初任給

【総合職】
・博士了 月給/271,000円(※2020年4月実績)
・修士了 月給/242,700円(※2020年4月実績)
・大学卒 月給/217,100円(※2020年4月実績)
・高専(専攻科)卒 月給/217,100円(※2020年4月実績)
・高専( 本科 )卒 月給/189,740円(※2020年4月実績)

【地域限定事務職】(一般職)
・大学卒 月給/192,060円(※2020年4月実績)
・短大卒 月給/176,620円(※2020年4月実績)

選考

エントリー → 記述式(独自) → 面接3回

☟適性検査の詳しい情報はコチラから!!☟

 

☟就活成功までの道のりはコチラから!!☟

事業詳細

自動車電池国内事業

・自動車用・二輪車用鉛蓄電池、自動車関連機器などの製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・補修用需要は堅調に推移したが、特に第1四半期の自動車新車の生産が大幅に減少したことによる新車用販売数量の減少に加え、鉛価格の下落に伴う販売価格の低下の影響により、836億39百万円と前連結会計年度に比べて44億19百万円減少(△5.0%)。

自動車電池海外事業

・自動車用・二輪車用鉛蓄電池などの製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・国内と同様に第1四半期は各国における新型コロナウイルス感染拡大の影響により販売減少の影響があったが、第2四半期以降は欧州・豪州等を中心に補修用販売数量が増加し、1,652億96百万円と前連結会計年度に比べて31億57百万円増加(1.9%)。

産業用電池電源事業

・据置用・車両用・電動車用・その他各種用途鉛蓄電池、小型鉛蓄電池、アルカリ蓄電池、整流器、汎用電源、その他各種電源装置、各種照明器具、紫外線照射装置、遠紫外線応用光源装置などの製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・大型風力発電用リチウムイオン電池の納入開始による増加はあったが、主として、通信事業者向け電源装置が一巡したこと、及びフォークリフト用電池の販売減少により840億37百万円と前連結会計年度に比べて5億28百万円減少(△0.6%)。

車載用リチウム電池事業

・車載用リチウムイオン電池などの製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・ハイブリッド車用電池の販売は増加したものの、プラグインハイブリッド車用リチウムイオン電池の販売が減少したことにより、359億50百万円と前連結会計年度に比べて63億13百万円減少(△14.9%)。

研究開発

研究開発TOPIX

◎2020年度
自動車電池
国内
・自動車用鉛蓄電池の分野では、業務用車両向けのPRODAシリーズをリニューアルした「PRODA X」を商品化し、近年増加しているアイドリングストップ機能付きトラックや、各種電装品の増加による電気負荷の増大。
・国内二輪車用鉛蓄電池の分野では、レジャー用バイク、一般生活用のコミューターバイクなど、各車両用途に適応した新技術の開発
・二輪車においてもアイドリングストップ車やハイブリッド車などの環境対応車両への関心が高まってきており、当社グループの高い耐久性能と充電受入性能を実現した二輪車用鉛蓄電池が採用。これら環境対応車両専用の二輪車用鉛蓄電池の開発。
海外
・自動車用鉛蓄電池の分野では、海外で生産及び使用される充電制御車やアイドリングストップ車用鉛蓄電池の製品・製造技術の開発を進めており、2015年に株式取得をしたトルコのInci GS Yuasa Aku Sanayi ve Ticaret Anonim Sirketiにおいて、欧州市場向けの高性能始動用鉛蓄電池「YBX5000」シリーズのLN系及びLBN系の計7品種、更にはアイドリングストップ車用鉛蓄電池「YBX7000」シリーズのLN系及びLBN系の計5品種を開発し、欧州市場にて販売を開始しました。また、海外で生産及び使用されるハイブリッド車及び電気自動車用補機電池の開発を進め、順次市場に展開。
・二輪車用鉛蓄電池の分野では、東南アジア地域での輸出向け中型二輪車の生産拡大に伴い、中型二輪車用の中容量クラスの制御弁式鉛蓄電池を開発し、同地域のそれぞれの生産拠点において順次市場に展開。今後も大きな成長が見込まれるインド市場向けに、コミューターバイク用に加えてアイドリングストップ車用の制御弁式鉛蓄電池を開発し、品種の拡大を図るとともに、新車採用されている。
産業電池電源
・産業用鉛蓄電池の分野では、北米などの海外市場で需要拡大が見込めるデータセンタ用途や5G基地局用途向けに、ハイレート短時間のバックアップ性能を大幅に向上させた制御弁式鉛蓄電池の開発。
・フォークリフト用電池では、充電時に硫酸ミストの排出がなく、また、防爆性能も付与したフィルター付きフロート液栓を開発。
・電源装置分野では、三相連系蓄電システム「ラインバックマイスター」を開発。
・産業用リチウムイオン電池の分野では、リチウムイオン電池モジュール「LIM30HLシリーズ」の販売を開始。
・照明分野では、「省エネ」+「省資源」をキーワードに独自性のある研究開発。
・環境関連機器の分野では、電解隔膜技術を応用したイオン分離技術の開発を進めており、固液分離技術と合わせた総合的な水資源の有効利用技術の開発に取り組んでいる。
車載用リチウムイオン電池
・車載用リチウムイオン電池事業では、㈱ブルーエナジーで生産を行うHEV(ハイブリッド車)用リチウムイオン電池、㈱リチウムエナジージャパンで生産を行うEV(電気自動車)、PHEV(プラグインハイブリッド車)用リチウムイオン電池の開発を実施。

まとめ

1.鉛蓄電池で世界2位
2.車載用/産業用電池電源が主力
3.車載用リチウムイオン電池に注力

参照・引用

公式HP:https://www.gs-yuasa.com/jp/

就活生必見の記事

☟もっと企業研究をしたい方はコチラから!!☟

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG