【2022年】株式会社SCREENホールディングスってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「株式会社SCREENホールディングスってどんな会社?」

就職偏差値:Bランク

・半導体製造装置大手
・ウエハ洗浄装置では世界トップ

・液晶製造装置や印刷機など多角化

会社業績

(引用)SBI証券

・業績は右肩上がりで成長しており、来期は最高益となる見込みで、今後にも期待できる

会社概要

創業1868年(石田旭山印刷所創業)
資本金540億円
従業員連結:6,074名(2020年3月末)
売上高連結:3,232億円(2020年3月期)

事業区分

株式会社SCREENホールディングスは主に4つの事業から成り立っています。

・半導体製造装置事業
・グラフィックアーツ機器事業
・ディスプレー/成膜装置事業
・プリント関連基盤機器事業

就活情報

平均年収:824万(平均年齢:43.1歳)

初任給

博士了:256,690円
修士了:238,280円
四大・高専(専攻科)卒:215,280円
高専(本科)卒:199,180円

選考

エントリー → WEBテスト(オリジナル) → 面接3回

☟適性検査の詳しい情報はコチラから!!☟

 

☟就活成功までの道のりはコチラから!!☟

事業詳細

半導体製造装置事業

・半導体製造装置の開発、製造、販売および保守サービスを行っている

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・前期に比べ、ロジック向けの売上は減少したものの、ファウンドリー向けやメモリー向けの売上が増加。
・地域別では、台湾向けや北米向けの売上は減少したが、中国向けや国内向けの売上が増加。

グラフィックアーツ機器事業

・印刷関連機器の開発、製造、販売および保守サービスを行っている

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・コロナ禍によるマクロ経済の低迷を受け装置売上が減少。

ディスプレー/成膜装置事業

・ディスプレー製造装置および成膜装置の開発、製造、販売および保守サービスを行っている

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・OLED用中小型パネル用製造装置の売上は増加しましたが、コロナ禍での移動制限などの影響もあり大型液晶パネル用製造装置の売上が減少。

プリント関連基盤機器事業

・プリント基板関連機器の開発、製造、販売および保守サービスを行っている

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・5G活用の拡大などを受け直接描画装置の売上が増加。

研究開発

研究開発TOPIX

◎2020年度
半導体製造装置
・薬液によるエッチング/洗浄機能とブラシを使用した物理洗浄機能を併せ持つウエハー裏面洗浄装置「SB-3300」、車載/パワーデバイス等に用いられる化合物ウエハーや3インチから8インチまでの幅広いサイズのウエハーの処理が可能となる「SP-2100」、最大16チャンバーの搭載を可能にする新プラットフォームの採用とデュアル搬送システムにより、業界最高レベルの処理能力を備える「SS-3300S」を開発。
・先端デバイスに対応する洗浄、乾燥、塗布、熱処理、直接描画、装置制御などの技術のさらなる性能向上に取り組んだ。
グラフィックアーツ機器
・Truepress Jet520HDシリーズで培った技術を継承し、解像度1,200×1,200dpiの高精細モノクロ印刷を実現する「Truepress Jet520HD mono」を開発。
・シール・ラベル業界向けに「Truepress Jet L350UV SAIシリーズ」をリリース。
ディスプレー製造装置/成膜装置
・フォルダブル化やローラブル化の進むOLED業界に向けて、カラーフィルタ膜形成工程用の塗布現像装置「SK-F1500H」を開発。
プリント基板関連機器
・プリント基板向け直接描画装置の高生産性モデル「Ledia Twin」の開発。

まとめ

1.半導体製造装置大手
2.ウエハ洗浄装置では世界トップ
3.液晶製造装置や印刷機など多角化

参照・引用

公式HP:https://www.screen.co.jp/

就活生必見の記事

☟もっと企業研究をしたい方はコチラから!!☟

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG