【2022年】王子ホールディングス株式会社ってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「王子ホールディングス株式会社ってどんな会社?」

就職偏差値:Sランク

・製紙国内トップ
・通販用段ボール好調
・アジアに拠点拡大

会社業績

(引用)SBI証券

・長期的に見ると、業績は成長しており、今後にも期待できる。

会社概要

設立1949(昭和24)年8月
資本金103,880百万円(2021年3月末現在)
連結従業員36,034名(2021年3月末現在)
連結売上高1兆3,590億円(2021年3月期)

事業区分

王子ホールディングス株式会社は主に4つの事業から成り立っています。

・生活産業資材事業
・機能材事業
・資源環境ビジネス事業
・印刷情報メディア事業

就活情報

平均年収:859万(平均年齢:47.5歳)

初任給

【エンジニア職】

大卒(月給)224,800円
大学院了(月給)241,700円

【事務職】

大卒(月給)224,800円
大学院了(月給)241,700円

【研究職】

大卒(月給)224,800円
大学院了(月給)241,700円

選考

エントリー → WEBテスト(玉手箱) → 面接2回

☟適性検査の詳しい情報はコチラから!!☟

 

☟就活成功までの道のりはコチラから!!☟

事業詳細

生活産業資材事業

・段ボール原紙・段ボール加工事業、白板紙・紙器事業、包装用紙・製袋事業、家庭紙事業、紙おむつ事業などを行っている。

◎有価証券報告書(2021/4~2022/3)
国内
・段ボール原紙・段ボール、白板紙、包装用紙等、多くの品種において全体的な需要回復がみられることに加え、段ボール原紙・段ボールでは新型コロナウイルス感染拡大防止のための外出自粛等から通販向けが引き続き堅調に推移していること等により、売上高は前年に対し増収となった。
・紙おむつは前年に対し減収となったが、家庭紙は前年に引き続き堅調に推移した。
海外
・紙おむつはマレーシアでの同感染拡大に伴い大手小売店の販売が不調に推移したが、段ボール原紙・段ボールで主に東南アジアでの販売が好調だったことに加え、段ボールの値上げが浸透した影響等により、売上高は前年に対し増収となった。

機能材事業

・特殊紙事業、感熱紙事業、粘着事業、フィルム事業などを行っている。

◎有価証券報告書(2021/4~2022/3)
国内
・電動車向けのコンデンサフィルムや一般工業用フィルム、食品・雑貨等の包装用フィルムが堅調に推移したが、収益認識に関する会計基準の適用による減収の影響等もあり、売上高は前年に対し減収となった。
海外
・感熱紙は、同感染拡大防止のための外出自粛や経済活動停滞の影響等が継続したものの、需要は回復傾向にあり、売上高は前年に対し増収となった。

資源環境ビジネス事業

・パルプ事業、エネルギー事業、植林・木材加工事業などを行っている。

◎有価証券報告書(2021/4~2022/3)
国内
・エネルギー事業は、国内各工場の操業率向上により自家使用電力が増加したことから売電量が減少したが、パルプ事業では主に溶解パルプの中国向け輸出が同感染拡大に伴う経済活動停滞から回復がみられることにより、売上高は前年に対し増収となった。
海外
・パルプ事業は販売量が前年に対し減少したが、パルプ販売価格の上昇を受けて、売上高は前年に対し増収となった。

印刷情報メディア事業

・新聞用紙事業、印刷・出版・情報用紙事業などを行っている。

◎有価証券報告書(2021/4~2022/3)
国内
・新聞用紙及び印刷用紙の出版用途は需要の減少傾向が継続しているものの、印刷用紙の商業印刷用途における前年の同感染拡大に伴う経済活動停滞の反動もあり、販売量は前年に対し増加したが、収益認識に関する会計基準の適用により、売上高は前年に対し減収となった。
海外
・江蘇王子製紙有限公司において、中国国内が同感染拡大に伴う経済活動停滞から回復がみられることから、売上高は前年に対し増収となった。

研究開発

研究開発TOPIX

◎2021年度
生活産業資材
・パッケージング関係では、紙容器関連事業のさらなる発展のため、国内原紙の抄紙から飲料パッケージングまでの国内一貫生産システムを構築している。
・段ボール事業では、インターネット通販市場の急速な拡大に伴うさまざまな業界での梱包・物流に関する課題解決に向けて、次世代の包装ソリューション「OJI FLEX PACK’AGE」の提供を行っている。
機能材
・特殊紙関連の環境配慮型素材及び製品としては、酸素や水蒸気の侵入を防ぎ、内容物の劣化を抑えることができるバリア性紙素材として、プラスチックに代わる紙素材「SILBIO BARRIER」を製品化し、続けて、蒸着フィルム並みの高いバリア性を有する「SILBIO ALBA」、中身が見える「SILBIO CLEAR」、フィルムなしで熱シール可能な「SILBIO EZ SEAL」をラインアップした。
・粘着関連では、機能進化するタッチパネルに対応した各種粘着シートや高機能粘着フィルムの開発に注力しており、ノートPC、ゲーム機、車載ディスプレイなどへの採用が進んでいる。
・フィルム関連では、二軸延伸ポリプロピレンフィルムの技術によるコンデンサ用フィルムの開発や、バイオプラスチックフィルムの開発を進めている。
資源環境ビジネス
・溶解パルプは、レーヨン、医薬品や食品の添加剤、セルロース誘導体などの原料として使用され、今後は世界的な人口増加により需要拡大が期待されている。
印刷情報メディア
・使用薬品や操業条件の最適化によるコストダウン、欠点・断紙削減等の操業性改善、代替薬品の利用促進によるBCP(事業継続計画)対応強化を推進し、収益向上に繋げている。

まとめ

1.製紙国内トップ
2.通販用段ボール好調
3.アジアに拠点拡大

参照・引用

公式HP:https://www.ojiholdings.co.jp/

就活生必見の記事

☟もっと企業研究をしたい方はコチラから!!☟

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG