【2022年】窪田製薬ホールディングス株式会社ってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「窪田製薬ホールディングス株式会社ってどんな会社?」

就職偏差値:Cランク

・眼科医薬ベンチャー
・希少眼疾患治療薬を開発中
・近視矯正の『クボタメガネ』の開発にも注力

会社業績

(引用)SBI証券

・営業赤字が続いているが、年々赤字額は減少している。

会社概要

設立2015年12月
資本金1,308百万円
従業員数12名
売上高253979千円

事業区分

窪田製薬ホールディングス株式会社は単一セグメントから成り立っています。

・医薬品開発事業

就活情報

平均年収:561万(平均年齢:48.5歳)

選考

現在採用は行っていません。

☟適性検査の詳しい情報はコチラから!!☟

☟就活成功までの道のりはコチラから!!☟

事業詳細

医薬品開発事業

・世界中で眼疾患に悩む皆さまの視力維持と回復に貢献することを目的として、イノベーションをさまざまな医薬品・医療機器の開発などを行っている。

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2021/4~2022/3)
低分子化合物
・エミクススタト塩酸塩については、スターガルト病を対象とする第3相臨床試験を2018年11月に開始し、現在も世界11カ国、29施設において継続して実施している。
・エミクススタト塩酸塩は、スターガルト病の新規治療薬候補として、2017年1月にFDA、2019年6月にEMA(欧州医薬品庁)よりオーファンドラッグ指定を受けている。
・エミクススタト塩酸塩は、スターガルト病の他にも増殖糖尿病網膜症を対象とする第2相臨床試験を2017年度に実施している。
医療機器
・在宅で網膜の状態の測定を可能にする遠隔眼科医療モニタリングデバイス「PBOS(Patient Based Ophthalmology Suite)」については、2020年7月の初期型試作機の完成以降も更なる機能改善のため、AI(人工知能)を活用した3D生成機能などのソフトウェア改良を行いつつ、パートナー企業との共同開発、商業化の可能性を模索している。
・独自のアクティブスティミュレーション技術を活用した、近視の進行抑制、治療を目指すウェアラブル近視デバイス「クボタメガネ」については、2020年に卓上デバイス及びウェアラブルデバイスでの概念実証試験において、眼軸長(角膜から網膜までの長さ)が対照眼と比較して短縮することを確認し、2020年12月には初期型プロトタイプが完成した。
・台湾における医療機器の製造許可取得に続き、2021年10月には医療機器のデザイン・開発会社として「ISO 13485:2016」の認証取得を発表した。
遺伝子治療
・これまで遺伝性網膜疾患である網膜色素変性を対象に前臨床研究を継続してきたが、当プログラムへの今後の投資を保留することで現金支出を抑制し、経営資源を開発後期にある他のプロジェクトに重点的に配分する方針としている。

研究開発

研究開発TOPIX

◎2021年度
・米国子会社のクボタビジョン・インクが研究開発の拠点となり、革新的な治療薬・医療技術の探索及び開発に取り組んでいる。

まとめ

1.眼科医薬ベンチャー
2.希少眼疾患治療薬を開発中
3.近視矯正の『クボタメガネ』の開発にも注力

参照・引用

公式HP:https://kubotaholdings.co.jp/

就活生必見の記事

☟もっと企業研究をしたい方はコチラから!!☟

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG