【2022年】第一工業製薬株式会社ってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「第一工業製薬株式会社ってどんな会社?」

就職偏差値:Dランク

・工業用薬剤トップ
・技術力に定評

・健康関連分野にも進出

会社業績

(引用)SBI証券

・業績は右肩上がりで成長しており、今後にも期待できる

会社概要

設立1918年8月
資本金88億9,500万円
従業員560名(連結1,061名)
売上高単体 430億4,700万円  連結 591億4,000万円

事業区分

第一工業製薬株式会社は主に6つの事業から成り立っています。

・界面活性剤事業
・アメニティ材料事業
・ウレタン材料事業
・機能材料事業
・電磁デバイス材料事業
・ライフサイエンス事業

就活情報

平均年収:733(平均年齢:40.6歳)

初任給

修士了 234,710円
学部卒 222,310円

選考

エントリー → マークシート(SPI) → 面接3回

☟適性検査の詳しい情報はコチラから!!☟

 

☟就活成功までの道のりはコチラから!!☟

事業詳細

界面活性剤事業

・非イオン界面活性剤、アニオン界面活性剤、カチオン界面活性剤、両性界面活性剤などの製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・国内では、IT・電子用途は堅調に推移したが、機械・金属用途、繊維用途は低調に推移し、ゴム・プラスチック用途は大きく落ち込んだ。
・新型コロナウイルス感染症の抑制に向けた外出自粛や移動制限などによりホテルリネン市場の稼働率が低下し、業務用の石鹸・洗剤用途が大きく落ち込んだ。
・海外では、塗料・色材用途は堅調に推移しましたが、繊維用途、ゴム・プラスチック用途は低調に推移。

アメニティ材料事業

・ショ糖脂肪酸エステル、セルロース系高分子材料、ビニル系高分子材料、アクリル系高分子材料などの製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・国内では、セルロース系高分子材料はエネルギー・環境用途、医薬品用途が低調に推移し、ショ糖脂肪酸エステルは食品用途が低調に推移。
・海外では、ショ糖脂肪酸エステルは香粧品用途が低調に推移し、食品用途は大きく落ち込んだ。

ウレタン材料事業

・ポリエーテルポリオール、ウレタンプレポリマー、ウレタンシステムなどの製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・機能性ウレタンはIT・電子用途が大幅に伸長しましたが、建築用途等は大きく落ち込んだ。
・土木用薬剤は堅調に推移したが、自動車関連分野の低迷からフロン規制に関連する環境配慮型の合成潤滑油は大きく落ち込んだ。

機能材料事業

・光硬化樹脂用材料、水系ウレタン樹脂、難燃剤、アミド系滑剤などの製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・国内では、難燃剤はゴム・プラスチック用途が低調に推移したが、光硬化樹脂用材料はIT・電子用途が大幅に伸長。
・海外では、光硬化樹脂用材料はIT・電子用途が堅調に推移し、難燃剤はゴム・プラスチック用途が堅調に推移。

電磁デバイス材料事業

・イオン性液体、電子部品用導電性ペースト、射出成形用ペレットなどの製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・ディスプレイ用途のイオン液体、太陽電池用途の導電性ペーストは大幅に伸長。

ライフサイエンス事業

・健康補助食品などの製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/4~2021/3)
・医薬品添加物や天然素材からの抽出物の濃縮化、粉末化による健康食品等の受託事業は堅調に推移。

研究開発

研究開発TOPIX

◎2020年度
界面活性剤
・様々な産業分野でエネルギーコスト削減やVOC(揮散有機化合物)削減に繋がる工程薬剤、樹脂分野向けを中心とした反応性乳化剤や糖誘導体、電子・情報機器関連材料分野向けの洗浄剤、表面処理剤の開発を実施。
・化成品分野全般の機能加工薬剤の技術支援を行うとともに、協力して塗料・粘着剤分野向け添加剤の開発を実施。
アメニティ
・各種用途に適したショ糖脂肪酸エステル及び配合製剤については、応用技術検討に取り組んだ。
・カルボキシメチルセルロースナトリウムについては、リチウムイオン電池向け分散剤としての品質向上と応用開発検討に注力。
・セルロースナノファイバーについては、社会実装に向けた用途開発を加速。
ウレタン
・機能性ウレタン分野では、長期難燃性、信頼性に優れた高機能性電気絶縁材料、水フィルター用接着剤、無溶剤型の防水材用ウレタンプレポリマー、含水ゲル化材、次に、フォーム分野ではトンネル掘削用岩盤固結材、温暖化ガスの排出量削減に寄与するノンフロン及び水発泡断熱材用ポリオールやシステムなどの開発を実施。
機能材料
・自動車、家電、建築等への塗料・接着材料、フィルム、金属等へのコーティング材料及びフィラ―、繊維等へのバインダー材料としての水系ウレタン樹脂の応用開発、液晶テレビ等フラットパネルディスプレイ表示部材用途等をはじめとする電子材料分野、及び、プラスチック・建材(木材)等への意匠性を付与する機能性塗料・コーティング用途に用いられる紫外線硬化樹脂材料用モノマー及び機能性オリゴマーの開発を実施。

・環境に配慮した次世代の発泡ポリスチレン用難燃剤を本格的に販売開始。
電子デバイス材料・リチウム電池材料について新規活物質向けバインダー材料を開発し、実用化に向けて検討をさらに進めている。
・低粘度で高イオン導電性を示すイオン液体の開発は、エネルギー分野・電子デバイス材料分野でのアプリケーションに向けてさらなる技術開発及び市場開拓を促進。
ライフサイエンス
・「カイコ冬虫夏草」や「Sudachin®」をはじめとした健康食品に関して、天然物からの抽出・高濃度化技術、量産化技術を中心に研究開発。

まとめ

1.工業用薬剤トップ
2.技術力に定評
3.健康関連分野にも進出

参照・引用

公式HP:https://www.harima.co.jp/

就活生必見の記事

☟もっと企業研究をしたい方はコチラから!!☟

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG