【2022年】養命酒製造株式会社ってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「養命酒製造株式会社ってどんな会社?」

就職偏差値:Cランク

・薬用酒のトップメーカー
・健康飲料など新規分野開拓中
・創業は1602年

会社業績

(引用)SBI証券

・2015年をピークに業績は低迷しているが、やや回復傾向

会社概要

設立1923年(大正12年)
資本金16億5,000万円
従業員291名(2021年3月末)
売上高104億円(2021年3月期)

事業区分

養命酒製造株式会社は単一セグメントから成り立っています。

・養命酒関連事業

就活情報

平均年収:578万(平均年齢:43.5歳)

初任給

大学院卒(修士)(月給)212,100円
大学卒(月給)196,950円
高専卒(月給)173,720円

選考

エントリー → Webテスト → 面接3回

☟適性検査の詳しい情報はコチラから!!☟

☟就活成功までの道のりはコチラから!!☟

事業詳細

養命酒関連事業

・「養命酒」のほか、養命酒の製造から派生する酒・食品類の製造販売と、養命酒を中心とした製造販売事業における市場調査、新商品のテスト販売等のマーケティング機能としての位置づけや企業ブランド価値向上への役割として、直営の商業施設「くらすわ」において、主に食品類を中心とした商品の販売とレストランの運営を行っている。

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2021/4~2022/3)
国内
・季節に合わせて疲れ・冷えをテーマとする草刈正雄さん出演のテレビ・新聞広告を実施し、年間を通じて好評を得た。
・売り場においては、卸店やドラッグストア等主要販売チャネルである小売店と協働し、プロモーションと連動した店頭展開や購入促進施策等を継続して実施したことにより売上が堅調に推移し、売上高は、8,052百万円(前年同期比4.0%増)となった。
海外
・売上が回復傾向にあり、売上高は、351百万円(前年同期比29.3%増)となった。
その他商品・サービス
・「酒類」については、「クラフトジン」の売上がスーパー等で増加した一方、コンビニエンスストア等で「フルーツとハーブのお酒」の売上が減少したことから、売上高は、534百万円(前年同期比15.8%減)となった。
・「食品」については、引き続き「養命酒製造クロモジのど飴」の取扱店舗数の拡大に注力しましたが、コンビニエンスストアでの販売が減少したことや、「食べる前のうるる酢」の郵便局でのカタログ販売が減少したことにより、売上高は、578百万円(前年同期比26.8%減)となった。
・「リテール」については、「くらすわ駒ヶ根店」のリニューアルオープンがあったことや通販チャネルが堅調に推移したこと等により、売上高は、676百万円(前年同期比19.1%増)となった。

研究開発

研究開発TOPIX

◎2021年度
・イギリス  ロンドンで開催された「インターナショナル  ワイン&スピリッツ  コンペティション(IWSC)2021」において、クラフトジン「香の森」が金賞(ゴールド)、クラフトジン「香の雫」が銅賞(ブロンズ)をそれぞれ受賞した。
・「香の雫」は、その個性あふれる味わいから国内外よりご評価いただき、お客さまへより親しんでもらえるよう700mlサイズを発売した。

まとめ

1.薬用酒のトップメーカー
2.健康飲料など新規分野開拓中
3.創業は1602年

参照・引用

公式HP:https://www.yomeishu.co.jp/

就活生必見の記事

☟もっと企業研究をしたい方はコチラから!!☟

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG