【2022年】IMV株式会社ってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「IMV株式会社ってどんな会社?」

就職偏差値:Cランク

 

・振動試験装置世界トップクラス
・動電式では国内トップ

・振動試験装置/計測装置/受託試験が収益柱

会社業績

(引用)SBI証券

・長期的に業績は右肩下がりだったが、直近は回復傾向

会社概要

設立1957年(昭和32年)4月17日
資本金4億6,481万円
従業員400名(2020年9月30日現在 連結)
239名(2020年9月30日現在 単体)
売上高113億3,817万円(2020年9月期 連結)
90億8,377万円(2020年9月期 単体)

事業区分

IMV株式会社は主に3つの事業から成り立っています。

・振動シミュレーションシステム事業
・メジャリングシステム事業
・テスト&ソリューション事業

就活情報

平均年収:680(平均年齢:43.6歳)

初任給

高専卒月給 177,100円
学部卒月給 199,500円
修士了月給 210,700円

選考

エントリー → マークシート/記述式 → 面接3回

☟適性検査の詳しい情報はコチラから!!☟

 

☟就活成功までの道のりはコチラから!!☟

事業詳細

振動シミュレーションシステム事業

・振動シミュレーションシステム(振動試験装置)及びオールウェザーシミュレーションシステム(複合環境試験装置)の製造・販売及びこれらの修理・保守

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/10~2021/9)
・国内市場においては、大型機の売上が好調に推移したことや自動車関連向けの売上が堅調に推移。
・海外市場においては、自動車関連向けや試験施設向けを中心に欧州は好調だったが、米国やASEAN地域の売上低迷が響き前年同期を下回る結果となった。
・サービス部門においては、試験所及び校正機関品質マネジメントシステム規格(ISO 17025)の校正サービスを開始したほか、海外でのメンテナンスサービスが好調に推移し前年同期を上回った。

メジャリングシステム事業

・メジャリングシステム(振動計測装置、振動監視装置、地震監視装置及び環境信頼性評価システムを含む)の製造・販売及びこれらの修理・保守

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/10~2021/9)
・国内市場においては、第2四半期連結累計期間まではCOVID-19の感染拡大に伴う経済活動の制限による受託試験の延期などにより低迷したが、第3四半期連結会計期間以降は振動試験を中心に復調。
・海外市場においては、ASEAN地域における自動車向けの試験が順調に推移。

テスト&ソリューション事業

・製品の製造・販売以外に受託試験を行っている

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/10~2021/9)
・国内市場においては、振動計測装置や構造ヘルスモニタリングの製品販売が伸びたものの、地震監視装置等が伸び悩み前年同期を下回った。
・海外市場においては、中国、台湾を中心に振動計測装置、地震監視装置の販売が好調に推移。
・サービス部門もメンテナンス部材等の売上が好調に推移し前年同期を上回った。

研究開発

研究開発TOPIX

◎2020年度
振動シミュレーションシステム
・高加速度振動シミュレーションシステムの開発
・次世代電力増幅器コントローラの開発
・次世代振動制御器、クラウドサービスの開発
メジャリングシステム
・構造ヘルスモニタリングの開発
・特定用途センサの開発
・IoT診断ユニットの開発

まとめ

1.振動試験装置世界トップクラス
2.動電式では国内トップ
3.振動試験装置/計測装置/受託試験が収益柱

参照・引用

公式HP:https://www.imv.co.jp/

就活生必見の記事

☟もっと企業研究をしたい方はコチラから!!☟

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG