【2022年】オンコリスバイオファーマ株式会社ってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「オンコリスバイオファーマ株式会社ってどんな会社?」

就職偏差値:Cランク

・岡山大学発の創薬バイオベンチャー
・腫瘍溶解ウイルス技術を使うがん治療薬/がんマーカー開発
・B型肝炎など重症感染症治療薬も展開

会社業績

(引用)SBI証券

・営業赤字が続いており、かなり厳しい状況。

会社概要

設立2004年3月18日
資本金30億円
従業員数33名
売上高642百万円

事業区分

オンコリスバイオファーマ株式会社は単一セグメントから成り立っています。

・創薬事業

就活情報

平均年収:814万(平均年齢:42.3歳)

選考

詳細は公式ホームページをご覧ください。
https://www.oncolys.com/jp/recruit/guideline.html#guide3

☟適性検査の詳しい情報はコチラから!!☟

☟就活成功までの道のりはコチラから!!☟

事業詳細

創薬事業

・独自性の高いウイルス遺伝子改変がん治療薬、重症感染症治療薬及びがん検査薬などの開発と事業化を推進している。

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/1~2021/12)
・新型コロナウイルス感染症治療薬OBP-2011の前臨床試験および原薬のGMP製造を推進させ、またOBP-601のライセンス先であるTransposon社による神経難病患者を対象とした臨床試験を開始した。
・テロメライシンの日本・台湾でのライセンス並びに中華圏を除く全世界のオプション契約先であった中外製薬とは双方合意により、2022年10月15日までにライセンス契約を終了させることに合意した。
・2021年12月にはテロメスキャンの北米でのライセンス先であったLiquid Biotech社とのライセンス契約を、資金調達および開発の遅延を理由として終了した。

研究開発

研究開発TOPIX

◎2021年度
・がんのウイルス療法テロメライシン(OBP-301)(国際一般名称:suratadenoturev)に関する活動。
・新型コロナウイルス感染症治療薬OBP-2011に関する活動。
・核酸系逆転写酵素阻害剤OBP-601(censavudine)に関する活動。
・次世代テロメライシンOBP-702に関する活動。
・がん検査薬テロメスキャン(OBP-401)に関する活動。
・HDAC阻害剤OBP-801に関する活動。

まとめ

1.岡山大学発の創薬バイオベンチャー
2.腫瘍溶解ウイルス技術を使うがん治療薬/がんマーカー開発
3.B型肝炎など重症感染症治療薬も展開

参照・引用

公式HP:http://www.oncolys.com/

就活生必見の記事

☟もっと企業研究をしたい方はコチラから!!☟

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG