【2022年】ムーンバット株式会社ってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「ムーンバット株式会社ってどんな会社?」

就職偏差値:Cランク

・洋傘のトップメーカー
・百貨店での用品シェア高い

・海外委託生産多い

会社業績

(引用)SBI証券

・業績は右肩下がりとなっており、直近は赤字でかなり厳しい状況

会社概要

設立昭和16年9月(西暦1941年)
資本金10億円(2021年3月31日現在)
従業員連結 213名(2021年3月31日現在)
単体 157名(2021年3月31日現在)
売上高〔連結〕71億7,000万円(2021年3月31日現在)
〔単体〕68億2,000万円(2021年3月31日現在)

事業区分

ムーンバット株式会社は主に2つのセグメントから成り立っています。

・衣服装飾品事業
・身回り品事業

就活情報

平均年収:466(平均年齢:38.2歳)

初任給

月給:187,000円

選考

エントリー → 適性検査(記述式) → 面接3回

☟適性検査の詳しい情報はコチラから!!☟

 

☟就活成功までの道のりはコチラから!!☟

事業詳細

衣服装飾品事業

・毛皮、宝飾品などの輸入・製造・仕入・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/3~2021/2
・衣服装飾品(毛皮・宝飾品部門)は、取扱アイテムの拡大、毛皮リフォーム・リメイク等のサスティナブルな提案を展開し、新しい消費者ニーズの発掘に注力しましたが、当期首よりの新型コロナウイルス感染症拡大の影響が継続し、不要不急の外出自粛要請等により主販路の百貨店の営業不振及び外商催事等の減少・中止により、毛皮・宝飾品部門の売上高は前年同期を下回った。

身回り品事業

・洋傘、洋品、レザー、帽子などのアクセントファッション商品の企画・輸入・製造・仕入・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2020/3~2021/2)
身回り品(洋傘・洋品・帽子部門)
・新型コロナウイルス感染症の拡大の影響による、外出自粛要請等による個人消費の急激な冷え込みや購買志向の変化などにより各商材とも売上高は前年同期を大幅に下回った。
洋傘・レイングッズ市場
・降雨の多かった7月を除き年間を通じて、低調に推移し、パラソル市場も8月に遅い猛暑が到来したものの、4月、5月の販売シーズンのスタート時期より新型コロナウイルス感染症の拡大の影響を受けたこともあり、洋傘部門合計の売上高は前年同期を下回った。
洋品市場
特に主力のネックウェアについては、マスクの使用必須化に伴い、売場が縮小し、消費者ニーズも減退した結果、洋品部門合計の売上高は前年同期を大きく下回った。
帽子市場
春夏物については、パラソル市場と同様4月、5月の販売シーズンのスタート時期より新型コロナウイルス感染症の拡大の影響を受け、秋冬物につきましても11月以降の感染再拡大の影響を受けたことから、年間を通して低調な推移となり、帽子部門合計の売上高も前年同期を大きく下回った。

研究開発

研究開発TOPIX

◎2020年度
・特になし

まとめ

1.洋傘のトップメーカー
2.百貨店での用品シェア高い
3.海外委託生産多い

参照・引用

公式HP:https://www.crossplus.co.jp/

就活生必見の記事

☟もっと企業研究をしたい方はコチラから!!☟

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG