【2022年】モリ工業株式会社ってどんな会社?【就活生必見/企業研究】

「モリ工業株式会社ってどんな会社?」

就職偏差値:Cランク

・大手鉄鋼/ステンレス管メーカー
・自動車向けが収益柱
・ステンレス溶接管の加工技術に強み

会社業績

(引用)SBI証券

・売り上げは安定しており、営業利益は長期的に見ると右肩上がり

会社概要

設立昭和4年4月
※昭和24年1月 株式会社に変更
資本金73億6045万円(令和3年3月31日現在)
従業員数585名(単体・令和3年4月1日現在)
売上高341億円(単体・令和3年3月期実績)

事業区分

モリ工業株式会社は主に2つのセグメントから成り立っています。

・日本事業
・インドネシア事業

就活情報

平均年収:596万(平均年齢:40.2歳)

初任給

大学院卒(月給)218,750円
大学卒(月給)207,250円

 

選考

エントリー → テストセンター(SPI) → 面接2-3回

☟適性検査の詳しい情報はコチラから!!☟

 

☟就活成功までの道のりはコチラから!!☟

事業詳細

日本事業

・ステンレス管、条鋼、鋼管及びその加工品・関連製品の製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2021/4~2022/3)
ステンレス管部門
・配管用が数量の増加及び価格の上昇により、また自動車用も数量が回復したため、通期の売上高は224億57百万円(前年同期比21.2%増)となった。
ステンレス条鋼部門
・数量は若干減少したが、価格が上昇したため、売上高は104億64百万円(前年同期比5.9%増)となった。
ステンレス加工品部門
・家庭用金物事業からの撤退を順次進めたため、売上高は11億78百万円 (前年同期比9.5%減)となった。
鋼管部門
・建設仮設材用が急回復し、数量が増加したことと、材料価格の上昇に対応し製品価格の値上げを実施したため、売上高は67億22百万円(前年同期比69.5%増)となった。
機械部門
・コロナ禍の影響が大きかった前年同期と比べると、取引先の設備投資意欲が戻りつつあり、売上高は6億63百万円(前年同期比41.2%増)となった。

インドネシア事業

・ステンレス管の製造・販売

事業TOPIX

◎有価証券報告書(2021/4~2022/3)
・現地の四輪、二輪メーカーの生産回復により、数量が増加し、売上高は14億26百万円(前年同期比91.6%増)となった。

研究開発

研究開発TOPIX

◎2021年度
ステンレス管部門
・配管用長尺パイプの生産に取り組み、生産工程の見直しを進め、量産の目途を立てた。
・配管用特殊パイプの生産方法に、従来の技術を取り込み、これを進化させることで歩留向上、リードタイム短縮を図るとともに、製品品質を安定させた。
ステンレス条鋼部門
・従来の自動寸法測定装置の機能を向上させ、仕上げ工程で全数検査が可能となり、上工程での作り込み基準も緩和することができ、生産効率のアップにつながった。
ステンレス加工品部門
・環境負荷軽減に向け、部品洗浄方法の代替方法に目途が立ち、導入に向け具体的な検討にはいった。
鋼管部門
・従来の造管機へ新しい機能を追加し、材料投入部分での作業負担の軽減および、作業環境の改善を進めた。

まとめ

1.大手鉄鋼/ステンレス管メーカー
2.自動車向けが収益柱
3.ステンレス溶接管の加工技術に強み

参照・引用

公式HP:https://www.mory.co.jp/

就活生必見の記事

☟もっと企業研究をしたい方はコチラから!!☟

最新情報をチェックしよう!
 data-src=投資・就活の基本は「企業研究」" width="1280" height="768" >

投資・就活の基本は「企業研究」

個人投資家や就活生のさんにより良い情報を提供していきたいと思います。必要な情報や改善点があれば、どんどんコメントお願いします。

CTR IMG